父に抱かれているとき、私の中に母が宿る。

あらすじ・解説:監督は『自殺サークル』『夢の中へ』など、常に実験的野心作を発表し、海外でも高い評価を得ている鬼才・園子温。主演は本作で女優復帰となる宮崎ますみ。罪深い“女の業”を情感豊かに、ときにエキセントリックに演じあげてゆくパフォーマンスが見ものだ。また脇を固めるのは『インディアン・サマー』で映画復帰した、いしだ壱成、『北の零年』のアイヌ人役で印象を残した大口広司、『妖怪大戦争』の川姫役で話題をさらった高橋真唯、名バイプレイヤー・田口トモロヲなど。 >>続きを読む