最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 山本耕史

はやぶさ/HAYABUSA


評価 件、

7年間、60億キロ―<はやぶさ>の帰還を信じて困難と闘い続けた人々の真実のドラマ

2010年6月13日、日本から打ち上げられた小惑星探査機<はやぶさ>が、いくつもの絶体絶命のピンチを乗り越えて、地球に帰って来た。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るという、NASAでさえ成し得なかったミッションを果たすために――。わずか1~2メートル四方の小さな<はやぶさ>の7年間・60億キロに及ぶ旅を支えたのは、ユニークな経歴を持つメンバーで結成されたプロジェクトチームだった。プレッシャーと、次々と降りかかるトラブルに、 >>続きを読む


ステキな金縛り


評価 2 件、 5

構想10年以上!三谷幸喜が一番実現させたかった企画、ついに映画化!!

今や国民的脚本家としてエンターテインメント界を牽引する三谷幸喜。記念すべき生誕50周年を迎える2011年、いよいよ監督5作目となる待望の最新作『ステキな金縛り』が満を持して登場します。構想10年、三谷監督が長年温め続け一番実現させたかった企画が、ついに映画化。その面白さは5作目にして、まさに5つ星級。しかも三谷監督作品史上“一番笑えて、泣ける”作品となっています。出演者には、豪華な俳優陣が大集結!将来性ゼロの三流弁護士・エミに深津絵里、落ち武者の幽霊・六兵衛に >>続きを読む


最後の忠臣蔵


評価 件、

私たち誰もが知っている< 忠臣蔵>は、まだ物語の途中だった――。

本作では、日本映画界を担う二大演技派俳優の贅沢な共演が実現した。主演の瀬尾孫左衛門には役所広司、その無二の友・寺坂吉右衛門には佐藤浩市。大石内蔵助の隠し子・可音(かね)には、映画・CMと今年最も注目される若手清純派女優、桜庭ななみが抜擢され、山本耕史、風吹ジュン、田中邦衛、伊武雅刀、笈田ヨシ、安田成美ほか、個性派が顔をそろえた。また、大石内蔵助には歌舞伎界の名優・片岡仁左衛門が扮している。原作は池宮彰一郎の同名小説 >>続きを読む


ミラクルバナナ


評価 件、

あらすじ・解説:大使館の派遣員としてハイチ共和国に赴任した三島幸子、24歳。カリブのハイチ共和国は西半球の最貧国といわれている。政治が不安定なため生活基盤も整わず、国民は貧困にあえいでいる。そんなハイチにも日本の大使館は存在する。ただし、その規模は小さく、臨時代理大使をはじめとする4名の日本人スタッフと数人の現地スタッフで、全ての公務がまかなわれている。2年間の限定採用で派遣された幸子といえでも、 >>続きを読む


彼岸島


評価 件、

実写化不可能と言われた衝撃作がついに完成!すべての才能が結実して誕生したサバイバル・アクションエンターテイメント!

原作は、講談社「週刊ヤングマガジン」で連載300回を超える松本光司の人気漫画「彼岸島」。単行本の売り上げは累計410万部を超え、日本のみならず韓国、台湾、タイなどのアジアを席捲し、フランスなどヨーロッパでも出版されている。原作が熱狂的な人気を博す一方で、壮絶なアクション描写などは「実写化不可能」と言われてきた。しかし新進気鋭のスタッフやキャスト、ミュージシャンの才能が結実し、映画「彼岸島」は衝撃の完成を果たした! >>続きを読む