最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 山田耕大

おしん


評価 件、

世代を超え、国境を越えて愛されてきた不朽の名作、遂に映画化。

1983年、NHK朝の連続テレビ小説として放送され、社会現象になった「おしん」。山形県の寒村に生まれ、口減らしのために奉公に行き、苦難を強いられても決して負けることなく生きるおしんの姿は、日本全国に旋風を巻き起こし、テレビドラマ歴代視聴率となる、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という驚異の数字を記録。さらに日本のみならず、これまで世界86の国と地域で放送され、国境を越えて人々に愛されてきました。原作は橋田壽賀子。50年近くテレビドラマの第一線を走ってきた橋田の代表作となる「おしん」。放送開始から30年の記念すべき今年、生きる力、信念、親と子をテーマに、現代を生きる全世代に贈る映画が誕生します。 >>続きを読む


死にゆく妻との旅路


評価 件、

1999年12月初老の男が逮捕された。罪状は保護者責任者遺棄致死。272日の旅、走行距離6,000km。壮絶なる愛の実話。

本作は、1999年に実際に起きた保護者責任者遺棄致死事件の当事者である清水久典氏による手記の映画化である。事件から約1年後、月刊誌「新潮45」に2号にわたって掲載され、後に文庫化もされたこの手記は、殆ど宣伝もなしに口コミだけで15万部を売り上げた。――事件の裏には、報道されなかった夫婦の深い愛の物語があった。多額の借金を負い、逃げるよう故郷を飛び出して職探しを続ける夫役に、三浦友和。夫を“オッサン”と恋慕い、強引について来る11歳年下の妻・ひとみ役に石田ゆり子。 >>続きを読む


マリと子犬の物語


評価 3 件、 4.33

あらすじ・解説:2004年10月23日、午後5時56分。新潟県中越地方を震源として、マグニチュード6.8の地震が起こった。“新潟県中越地震”と名づけられたその地震により、闘牛や錦鯉の産地として名高い山古志村(現・長岡市)も甚大な被害を受けた。その山古志村で、失意の底にいた人々を勇気づけた奇跡のエピソードがあった。地震の当日、3匹の子犬を出産したお母さん犬の“マリ”。地震が起こり、人々が全て >>続きを読む