最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 岩松了

ペコロスの母に会いに行く


評価 件、

あの『ペコロスの母に会いに行く』が、ついに映画化!

原作は、長崎在住の漫画家・岡野雄一のエッセイ漫画『ペコロスの母に会いに行く』。深刻な社会問題として語られがちな介護や認知症。でも、主人公のゆういちはこう言います。“ボケるとも、悪か事ばかりじゃなかかもしれん”。そんな自身の体験をもとに描かれた認知症の母との何気ない日常が、多くの共感と感動を呼び、現在16万部を超えるベストセラーに。そして、ここにまったく新しい介護喜劇映画が誕生しました!監督は『喜劇・女は度胸』『男はつらいよ フーテンの寅』など卓絶した人情喜劇で映画ファンを唸らせてきた森崎東。『ニワトリはハダシだ』以来、実に9年ぶりの最新作に益々盛んな映画への情熱をぶつけます。 >>続きを読む


図鑑に載ってない虫


評価 件、

謎の“死にモドキ”を探す三人の、命懸けの旅が始まる。

2005年、『イン・ザ・プール』『亀は意外と速く泳ぐ』で映画界に“脱力系”ブームを巻き起こし!2006年、深夜ドラマ「時効警察」で超高視聴率を記録した!あの“小ネタの鬼才”三木聡、待望作!!謎の“死にモドキ”を探す三人の、命懸けの旅が始める。鬼才・三木聡が放つドライブ感たっぷりのマジカルサスペンス! >>続きを読む


中学生円山


評価 件、

謎のシングルファーザーと団地を騒がす殺人事件。青春は今日も妄想だらけ。

この映画は、ひとことで言うなら団地を舞台にしたアクション映画です。中学生の妄想から生まれた団地のヒーローを草なぎくんが演じています。最も多感で傷つきやすく、かつアナーキーだった中学時代。その記憶を美化することなく、包み隠さず描いた青春映画が、この「中学生円山」です。<宮藤官九郎> >>続きを読む


クロユリ団地


評価 1 件、 1

誰もが抱える孤独のすき間から入り込む恐怖!ハリウッドも席巻した巨匠・中田秀夫監督の戦慄ホラー

『女優霊』、『リング』、『怪談』をはじめ、ハリウッド大作『ザ・リング2』やイギリス映画『Chatroom/チャットルーム』など、国内外で一大ホラーブームメントを巻き起こしている中田秀夫監督。世界中で絶賛された恐怖映画の巨匠による最新作『クロユリ団地』がいよいよそのベールを脱ぐ。物語の舞台となるのは、高度成長期による人口増加と共に全国に急増した団地。かつての日本を象徴する集合住宅もいまや活気を失い、老朽化した建物が静かに建ち並んだ光景はまるで現代の幽霊屋敷のよう。そんな団地で暮らしはじめたひとりの少女が、しだいに恐怖と孤独に囚われゆく様が描かれる。中田監督がヒロインに抜擢したのが、2012年にAKB48を卒業、女優としても新たな一歩を踏み出した前田敦子。 >>続きを読む


俺俺


評価 件、

「時効警察」の三木聡×33人の亀梨和也“映像化不可能”な衝撃の原作を映画化

第5回大江健三郎賞受賞の星野智幸による超リアル不条理小説『俺俺』(新潮社刊)。“俺”が増殖した世界を映像化し、脚本も手がけたのはTVドラマ『時効警察』『熱海の捜査官』、映画『転々』『インスタント沼』などの三木聡。主人公の周囲で次々に起こる先読み不可能な出来事をサスペンスフルに加速させ観る者を巻き込んでいく!そして前代未聞の主人公“33人の俺”に挑んだのは亀梨和也。どこにでもいる若者・均と大樹、ナオの3人を中心に多様な“俺”を繊細かつ豊かな表現で演じ分け、役者としての新境地を開拓する。 実力&個性を兼ね備えた俳優陣が濃ゆいキャラクターに扮する! ミステリアスなヒロインに内田有紀、イヤミな上司に加瀬亮。 >>続きを読む


RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ


評価 1 件、 1

第2の人生、あなたは誰と生きたいですか―― 人生の分岐点に立つ、すべての大人たちへ贈る感動作!

人生を鉄道になぞられて描く「RAILWAYS」シリーズの第2弾。今回は、人生の節目に直面し、これからの生き方を模索する一組の夫婦が主人公です。雄大な北アルプスを望む富山の美しい田園風景を舞台に、歳を重ねてこそ感じる迷いや焦り、喜びと幸せ、そしてかけがえのない絆を描きます。主人公の夫婦役には、三浦友和と余貴美子。また小池栄子、中尾明慶、吉行和子ら実力派キャストが集結。これからの人生をよりよく、輝いて生きていこうとする大人たちへ勇気と希望を与えてくれる感動作が誕生します。 >>続きを読む


恋の罪


評価 件、

90年代、渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた、禁断の世界――

なぜ、女は表と裏の顔を持つのか――身も心もむきだしの演技バトルで魅せる園監督の新たな挑戦 3人の女優が役者生命を賭けた渾身の演技で難役に挑んだ。『踊る大捜査線』シリーズを始め幅広い役柄をこなし、自ら演劇ユニットを主宰するなど精力的な活動で注目を集める水野美紀。仕事と幸せな家庭を持つにも関わらず、愛人との関係を断てない女性の渇きを繊細かつリアルに演じ、新境地を披露している。『犬、走る』(98)など数多くの映画・舞台で活躍する冨樫真が演じるのは、 >>続きを読む


森崎書店の日々


評価 3 件、 3.67

大人へと成長する貴子の小さな躓きとささやかな希望。夏から冬へと移り変わる古書店“森崎書店”と古書の街、神保町の風景

「こういう映画があったら素敵だと思って。」第三回ちよだ文学賞大賞受賞作品小説「森崎書店の日々」を読んだ日向監督は「この小説「森崎書店の日々」を映画にしてみたい。」と直感的に思ったそうです。都会の暮らしの中で抱く孤独とささやかな幸せ、主人公の貴子は失意と孤独の中で“森崎書店”というとある古書店に出会います。彼女はそこで様々な人とふれあうことで次第に回復し大人へと成長してゆきます。そして貴子を通して、季節の中でほんのり色づき変化していく >>続きを読む


川の底からこんにちは


評価 件、

どん底から這い上がってゆく人たちが一生懸命に繰り広げる可笑しくて愛おしい人間ドラマ

日本を代表する監督を次々と発掘してきた“ぴあフィルムフェスティバル”。そのPFFアワード2007で『剥き出しにっぽん』がグランプリを受賞し、アジア・フィルム・アワードにて「第1回エドワード・ヤン記念アジア新人監督大賞」を受賞。本作が第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に招待を受け、いま世界中から高い注目を集める26歳の本格派監督・石井裕也の商業映画デビュー作。世相を鋭く反映させながら卓越した演出力で、逆境に >>続きを読む


かずら


評価 件、

さまぁ?ず主演!コンプレックス克服ムービー!!

小林信也の実体験に基づいたベストセラーエッセイを原案に、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』や『時効警察』他で定評のある塚本連平が監督&脚本を、公開中の『大洗にも星はふるなり』、「33分探偵」シリーズや月9ドラマ「東京DOGS」といった話題作を手掛ける福田雄一が脚本を担当し、さらに劇中の音楽を藤岡孝章(藤岡藤巻)、主題歌を人気バンド・かりゆし58が書き下ろした、まさに万全な布陣のスタッフと >>続きを読む


ボーイズ・オン・ザ・ラン


評価 件、

熱狂的ファンを持つ原作コミックが、生身の感動でよみがえる!

走って、こけて、また走る、そんな主人公の姿を激動とユーモアをもって描き、圧倒的支持を集めた花沢健吾原作のコミック「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。この傑作に初メガホンで挑んだのは、劇団「ポツドール」の主宰・脚本・演出である三浦大輔。舞台「愛の渦」で岸田國士戯曲賞を受賞。低俗で下品なものの中に潜む”人間の本質”を徹底的にえぐり出す、過激にも見える表現は、演劇界を賛否で熱狂させた。本作でもその才覚は冴え渡り、 >>続きを読む


東京日和


評価 件、

中山美穂、竹中直人が贈るセンチメンタルなラブストーリー

あらすじ・解説:写真家・荒木経惟と陽子婦人(’90年に他界)の同名フォトエッセーからイメージを膨らませ、全く新しいラブストーリーが生まれました。東京の風景の中で、あるときは優しく、あるときは切なく、夫婦の純愛が描かれていきます。素晴らしい映像と音楽で贈る’90年代最高の”センチメンタルなラブストーリー”。 >>続きを読む


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン


評価 件、

あらすじ・解説:’60年代、ボクが3歳の頃。真夜中にオトンが玄関の戸を蹴破って帰って来た。酔っぱらったオトンはボクに焼き鳥の串を食わせ、そして・・・オカンにホウキで殴られた。故郷の小倉で、オカンとオトンとボクの3人が暮らした短くも幸せな日々の、それが最後の思い出だった。オトンの家を出て、オカンはボクを筑豊の実家に連れ帰った。オカンは妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、 >>続きを読む


愛のむきだし


評価 件、

237分の衝撃―。実話をベースに描く、無敵の“純愛”エンタテインメント

ベルリン、サンダンス、ロッテルダムと各国の映画祭で数々の賞を受賞。前作『紀子の食卓』(06)で、カルロヴィヴァリ国際映画祭にて特別表彰、FICC賞をW受賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭では観客賞、主演女優賞(吹石一恵)を受賞し、その才能を世界的に知らしめた異才・園子温(その・しおん)。満を持しての最新作は、実話をベースに上映時間237分の「真実の愛」を描く、エンタテインメント超大作! >>続きを読む


空気人形


評価 件、

是枝裕和監督が9年間大切に温めた、哀しくて嬉しい“ファンタジック・ラブストーリー”。

これまでオリジナルストーリーにこだわってきた是枝裕和監督が、この原作だけは例外と、満を持しての映画化。主人公・空気人形には『リンダ リンダ リンダ』など、国境を越えて活躍中の韓国の人気実力派女優ペ・ドゥナ。撮影は、侯孝賢や王家衛の作品で独特の世界観を映し出してきた国際派カメラマン、リー・ピンピン。美術は、日本のみならず『キル・ビル Vol.1』など世界で活躍する種田陽平。錚々たる才能が紡ぎ出す、「人形と人間」、「空気と空虚」、 >>続きを読む


山形スクリーム


評価 件、

監督・竹中直人が笑撃度200%超えの山形発絶叫エンタメム?ビ?で世界を震撼させる!

バカバカしい映画を作りたいっっっ!全ては、監督・竹中直人のこの大絶叫から始まった。設定は、山形県のとある村で、恐ろしい落ち武者に恋されてしまった友達を助けるために、とりあえず立ち上がった女子高生たちの愛と友情の物語。それを撮り切るために用意されたのは、あの『おくりびと』も撮影された山形県・庄内地方の大自然。しかも、竹中監督のこの無謀に「オモシロそうじゃん!」とばかりに豪華キャスト陣が集結してしまった!16歳にして強烈な >>続きを読む


ディア・ドクター


評価 1 件、 4

命の恩人か、ただの嘘つきか。笑福亭鶴瓶、一世一代のはまり役!

主演は、映画出演も相次ぐ日本最高のエンターテイナー、笑福亭鶴瓶。棚田が広がるのどかな田園風景を舞台にひとりの男の突拍子もない人生を演じ、圧倒的な存在感をもって観客を一気に巻き込んでいく。伊野と好対照をなす研修医・相馬を演じ、物語にさらに奥行きをもたらすのは映画やドラマに活躍がつづく瑛太。この二人を囲んで余貴美子、香川照之、八千草薫ら屈指の演技派たちが集い、小さな村で起きた大事件の顛末が思いもかけないラストに向かって >>続きを読む


インスタント沼


評価 1 件、 5

“ジリ貧OL”に訪れた奇跡の物語

ジリ貧OLが次々とトラブルに巻き込まれながらも大きな幸せを見つける物語には、予想不可能な仕掛けが随所に巧みに散りばめられており見るものすべてを幸せな気分にさせる。「時効警察」「転々」を凌ぐこれぞ三木聡の集大成。ジリ貧OL「沈丁花ハナメ」役には07年度ブルーリボン賞主演女優賞を受賞し、三木監督とは「時効警察」でもコンビを組んだ麻生久美子が大熱演。彼女を助けるパンクロッカー・ガス役は同じく >>続きを読む


たみおのしあわせ


評価 件、

結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる?ソクラテス

しあわせになりたいカップルを演じるのは、オダギリ ジョーと麻生久美子。ふたりが【お見合い】から【結婚】までの道のりを右往左往しながら進むウェディング狂想曲は、プチに哲学、なのにユーモラスな大人のものがたり >>続きを読む