最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 平山浩行

BRAVE HEARTS 海猿


評価 1 件、 5

『海猿』シリーズ、新たな航海へ!

世界最大級の天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年。仙崎大輔は自ら志願し、海難救助のエキスパートであり最も危険な事案に従事する「特殊救難隊」で後輩の吉岡と共に海難現場の最前線にいた。嶋副隊長の指導の下、日々苛烈な任務に就いていた二人だが充実した毎日を送っていた。大輔の妻・環菜は2人目の子を身ごもり、吉岡にはキャビンアテンダントの美香という恋人が出来ていたのだ。そんな折、美香の搭乗するジャンボ旅客機が羽田空港を目指し飛行中、エンジンが炎上し飛行が困難な状況に陥る。 >>続きを読む


臨場 劇場版


評価 件、

迫真のリアリズムで魅せる熱き検視官たちのヒューマンストーリー。<事件>を通して<心>を描く、魂を揺さぶる人間模様に涙がこみ上げる。

当代一の社会派ミステリ作家・横山秀夫の人気シリーズを原作に、鋭い眼力と執念で事件の真相に迫る敏腕検視官・倉石義男の活躍を描いたTVドラマ「臨場」。09年4月からテレビ朝日系列で放映されるや、リアルで緊張感あふれる検視シーン、豪放で破天荒な倉石というキャラクターの強烈な個性、事件を通し被害者・加害者たちの心の闇に迫る重厚な人間ドラマが話題を呼んだ。さらに翌年放送された「臨場 続章」では平均視聴率17.6%という高視聴率を叩き出し、警察ドラマ史に新たな金字塔を打ち立てた。 >>続きを読む


それでも花は咲いていく


評価 1 件、 4

~芸人・前田健が初監督した、切ないハート・ストーリー~

ものまね芸人として、また最近では俳優として活躍している前田健が、2009年に初めて処女小説「それでも花は咲いていく」を書き下ろし、従来のタレント本とは違う、セクシャル・マイノリティーの人々をテーマに、本格的な小説として大きな話題を呼びました。そして今度は、彼自身が初の脚本、監督として、自身の小説で描いた9つの短編の中から、人には言えない心の悩みを持つ3人の男たちの姿を描いた3篇、「エーデルワイス」「ヒヤシンス」「パンジー」を映画化したのが、 >>続きを読む