最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 時任三郎

劇場版 タイムスクープハンター ― 安土城 最後の1日 ―


評価 件、

日本歴史史上最大のミステリー<安土城消失の謎>を追え!

未来の通信社の記者=時空ジャーナリストが、タイムワープ技術を使い、教科書に載らない名もなき人々に密着し、歴史の真実をドキュメンタリータッチの取材映像であぶり出していく――。その独自のコンセプトが話題のNHK「タイムスクープハンター」が、遂に映画化!劇場版の舞台は、織田信長が天下統一の拠点とするも、謎の消失を遂げた“安土城”。臨場感溢れる映像で、未だ解明されない歴史の謎に迫っていく。出演は、テレビシリーズから引き続きとなる要潤、杏に加え、夏帆、時任三郎ら豪華キャストが顔を揃えた。スケールアップした「タイムスクープハンター」で、戦国乱世の最前線を体感せよ! >>続きを読む


BRAVE HEARTS 海猿


評価 1 件、 5

『海猿』シリーズ、新たな航海へ!

世界最大級の天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年。仙崎大輔は自ら志願し、海難救助のエキスパートであり最も危険な事案に従事する「特殊救難隊」で後輩の吉岡と共に海難現場の最前線にいた。嶋副隊長の指導の下、日々苛烈な任務に就いていた二人だが充実した毎日を送っていた。大輔の妻・環菜は2人目の子を身ごもり、吉岡にはキャビンアテンダントの美香という恋人が出来ていたのだ。そんな折、美香の搭乗するジャンボ旅客機が羽田空港を目指し飛行中、エンジンが炎上し飛行が困難な状況に陥る。 >>続きを読む


DOG×POLICE 純白の絆


評価 件、

知られざる真実から生まれた驚愕のエンタテインメント大作!

『海猿』の原作者、小森陽一が警視庁に実際に存在する「警備犬」を徹底取材し、その真実の正義をベースにしたアクションエンタテインメントがついに完成!初めての映画化となる『警備犬』、そしてそれを操る正義を追い求める特殊部隊の想いを元に創り出された物語がこの『DOG×POLICE 純白の絆』です。「警視庁警備部警備二課装備第四係」のメンバー、警備犬を目指す「シロ」、そして市原隼人演じる若く熱い警察官「早川勇作」が活躍する全く新しいバディムービーに是非ご期待下さい!! >>続きを読む


雷桜


評価 8 件、 3.38

男は愛する者のため、別れを決意する。そのとき女は、命をかけた勝負に出る――

誰も近づいてはならない。そう言い伝えられていた山の中腹に、一本の樹があった。雷に打たれ根元から折れた銀杏に桜が芽をつけた巨樹。その美しくも奇妙な樹の下で、二つの運命(さだめ)が、重なる。将軍家に生まれ、心に病を抱えた男・斉道(なりみち)。山で育てられた自由奔放な女・雷(らい)。それは、決して出会うはずのない二人だった。 >>続きを読む


THE LAST MESSAGE 海猿


評価 2 件、 4

愛する人に贈る、最期のメッセージ!!

2004年「海猿ウミザル」、2005年「海猿EVOLUTION」、2006年「LIMIT OF LOVE 海猿」、そして、2010年、「海猿」シリーズついに完結!!2010年10月、福岡沖は極限の緊張状態に包まれていた。大型台風が接近している中、巨大天然ガスプラント施設『レガリア』で事故が発生し、火災が起こっていたのだ。『レガリア』は日韓共同施設で、ロシアからも技術提供を受け、1500億円もの予算がつぎ込まれた国家規模の重要プロジェクト。仙崎大輔はバディの >>続きを読む


LIMIT OF LOVE 海猿


評価 件、

あらすじ・解説:潜水士となって早2年。海上保安官である仙崎大輔は、鹿児島・第十管区に異動となり、機動救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。恋人・伊沢環菜とは将来を意識しながら遠距離恋愛を続行中。さまざまな経験を経て、ひと回り大きくなった大輔だったが成長したことで知る重みや苦しみもある。それが原因で環菜との仲もギクシャクし、心は複雑に揺れていた。そんななか、鹿児島沖3キロで大型フェリー・くろーばー号の >>続きを読む


トキワ荘の青春


評価 件、

あらすじ・解説:今から40年くらい前、東京の片隅のアパートに手塚治虫に憧れる漫画家志望の若者たちが一緒に暮らしていた。彼らはみんな貧乏で食べ物にも困るような生活を送っていたけれど、漫画家への情熱があったから、そんなことは平気。ただ漫画を描きたい、その情熱で昼も夜も漫画を描き続け、そして彼らの中から誰もが知っているたくさんの作品が生まれていった。 >>続きを読む


ハッピーフライト


評価 件、

映画の舞台は空港、そしてヒコーキ!

ホノルルへ向かって飛び立ったジャンボジェット機。その飛行機を支える様々なスタッフ、愛すべきヒコーキ野郎たちの爽やかな青春群像を、ドキドキと笑いと感動をたっぷり盛り込んで描きます。矢口ワールドの集大成、最高のハッピー・ムービーが誕生しました! >>続きを読む


春よこい


評価 件、

逃亡した父との再会を信じつづけた母と子、1枚の写真はこんなにもひたむきな家族の絆を生んだ。

映画の舞台は昭和晩年の佐賀県唐津市呼子町。そこには、修治を執拗に追い込みながらも、芳枝の哀しみを察する刑事がいた。記事の波紋に悩み、母子のために奔走する新聞記者がいた。ツヨシを心から心配する先生がいた・・・。昭和への郷愁誘う海辺の風景のなかで、人間味あふれる人々が、強い絆で結ばれた母と子を暖かく見守る。唐津市呼子町で撮影を敢行した『春よこい』は、私達が忘れかけた人情が光る、よき昭和の物語でもあります。 >>続きを読む