最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 本多章一

Bolero


評価 件、

>>続きを読む


デルタ 小川国夫原作オムニバス


評価 件、

孤高の作家・小川国夫の文学世界、初の映像化!

文学作品の映画化が相次ぐ今、“内向の世代”を代表する作家・小川国夫の作品をオムニバス映像化。創作の場として郷里・藤枝(静岡県)を選び、生涯そこを離れることなく、自作のテーマとスタイルを追求し続けた孤高の文士、小川国夫。その文体は、形容を極限まで抑制した言葉で構成され、時に難解であるが、同時に読む者を深淵なる言葉の世界へと邂逅させる。またそこに描かれる物語は、移りゆく時代を背景としながら、 >>続きを読む


赤い文化住宅の初子


評価 件、

あらすじ・解説:母に先立たれ、父は小さい頃に蒸発。高校中退して稼いだ少ないお金を風俗につかってしまう兄。そんな兄と二人、文化住宅に暮らす初子。「一緒に東高行くんで。」同級生の三島くんとの約束。でも、うちにはそんなお金、どこにもない。「カネ、カネ、カネ・・・。」ラーメン屋のアルバイトの帰り、今日も初子は虚ろに歩く。お母さんが大好きだった『赤毛のアン』。孤児のアンはみんなに好かれて幸せになるけれど、そんなの夢に >>続きを読む


美代子阿佐ヶ谷気分


評価 件、

1人の天才が描いた青春劇画の傑作、奇跡の映画化!

1970年代、やるせない空気の漂う時代。かつて井伏鱒二、太宰治らが文学コミュニティを形成していた東京・阿佐ヶ谷では漫画界の巨匠・永島慎二が地元を舞台にした「若者たち」を発表。彼を慕う若者達が次第に街に集まり地元文化を題材にした作品を発表していた。若き安部愼一もその一人であった。阿佐ヶ谷に居を構え、後のサブカルチャーにも大きな影響を与えた伝説の雑誌「月刊漫画ガロ」の次世代の作家として注目を集めたが、 >>続きを読む


今日という日が最後なら、


評価 1 件、 1

「今日という日が最後なら、何をしたいか考えました?」違う環境で育った双子の姉妹、一歩踏み出すだけで、日々は彩られていく。

ありのままの八丈島の魅力と、様々な文化の出会いがもたらす感動をフィルムにおさめることを目的に、若い監督を中心としたスタッフ・キャストと島民が一丸となり、瑞々しい青春映画が誕生した。 >>続きを読む