最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 杉田かおる

「また、必ず会おう」と誰もが言った。


評価 件、

純粋で、切なくて、そして痛い。揺れ動く青春の空気がここにある。かつて17歳だったあなたに送る青春ロードムービー。

理由なんかないんだ。『ちょっとヤバい』とか『何となく』だけで嘘をついてる。 うわべだけの友達関係、何でも言うことをきいてくれる母、自分に無関心な父…。主人公の少年は、膿みかけの傷を抱え、誰かに相談も出来ないまま、日常的に嘘をつく。痛みを乗り越えていく人もいれば、そういう「痛み」を我慢したまま、治らない傷を抱えた大人になっていく人もいるだろう。ウソつき「17歳」の少年は、旅先で様々な傷を抱えた大人たちに出会い、自分の傷を癒す方法を学んでいく。そして周囲の大人たちも少年の姿に、自らの傷に向き合うささやかな勇気を与えられるのだ。 >>続きを読む


レイクサイド マーダーケース


評価 件、

人間の狂気を浮かび上がらせる新感覚サイコミステリー。

ベストセラー作家・東野圭吾が2002年に書き下ろしたミステリー小説「レイクサイド」。名門中学受験を控えた4家族が勉強合宿に訪れた湖畔の別荘。そこで起こった殺人事件の真相を描いた本作は、発表後たちまちベストセラーを記録した。この原作を「EUREKA」で2000年カンヌ国際映画祭国際評論家連盟賞・エキュメニック賞のダブル受賞を果たすなど、国内外から高い評価を受ける青山真治監督がメガホンを取り映画化。自身初となるミステリー映画の演出を手掛けた。主人公の並木俊介を演じるのは今や名実ともに日本映画界を代表する俳優・役所広司。愛人を殺され、事件の真相に翻弄される男を圧倒的な迫力で演じきった。 >>続きを読む


女たちの都 ~ワッゲンオッゲン~


評価 件、

「男なんてそがんもんよ 原動力は女と金」女たちの大きな愛がふたたび町と人生を輝かせる!

熊本県天草市牛深。100年前、豊富な漁獲量を誇るこの海の町には、若く屈強な男たちが稼ぎ、金が舞い、いい女が春を売り、豪華絢爛な花街が栄えた。しかし今では…魚は捕れない、働く場はない、若者はいない、日本一の衰退都市、つまるところお先真っ暗。現状を変えようにも、口だけ達者で呑んでばかりの旦那衆。それなら女がやるまでだ。愛する町の活性化のためウツボ屋の女房・弓枝と仲間がもくろんだのは「花街復活」。元遊郭を料亭に?主婦が芸者に?!女が「女」で町おこし。まさにここが「女たちの都」!愛情と気力あふれる女たちが織りなすユーモラスな社会派人情劇。年齢関係なく未来を切り開いて行こうと突き進む彼女たちの姿を見れば、貴女にも同じく夢を叶える力が眠っていることに気付くだろう。 >>続きを読む


大奥


評価 件、

あらすじ・解説:時は七代将軍・家継の時代。大奥では、先代将軍の正室・天英院と将軍の生母・月光院の間で熾烈な女の闘いが繰り広げられていた。若くして大奥一の実力者となった絵島は、月光院の信頼が厚かった分、天英院派の不満の矛先となる。そんな折、天英院に、月光院と家継の後見人・間部詮房の許されぬ恋の噂が届く。この機を逃さない天英院は、間部を忌み嫌う老中らと結託し、ある策略を巡らそうとする…寺社詣の帰りに寄った歌舞伎観劇で、生島新五郎という看板役者に >>続きを読む