最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 松雪泰子

謝罪の王様


評価 件、

奇想天外、誰も観たことのない痛快娯楽社会風刺ブラックコメディ。謝って済むから警察はいりません!さあ、笑う準備はいいですか?

2007年公開の『舞妓Haaaan!!!』で世間をアッと言わせ、続く『なくもんか』(2009年)も大ヒットを記録。脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生。この3人組の手によって完全オリジナルで創造されたエンターテインメントコメディは、日本中に大きな笑いと感動と強烈なインパクトを残しました。あれから4年…。それぞれの立場でさらなる活躍を続けてきた3人が、「是非次回作を!」との大きな期待の声に応え、再び集結!またまた誰も観たことのない笑いと驚きを引っさげ、ついにスクリーンに帰ってきます! >>続きを読む


脳男


評価 件、

日本映画史に残る、もっとも美しきダークヒーロー誕生!いままで見たことのない生田斗真がここに。

“脳男”を演じるのは『人間失格』や『源氏物語 千年の謎』、『僕らがいた』などで非凡な才能をみせる生田斗真。爽やかな印象の強い彼だが“脳男”という難役に初挑戦し、俳優としての新境地を切り開きます。また性善説を信じ犯罪者を救おうとする精神科医・鷲谷真梨子に、数多くのドラマ・映画・舞台などで圧倒的な存在感を放つ松雪泰子。さらに爆弾魔を追い続ける茶屋刑事を、「白い巨塔」「救命病棟24時」など社会派ドラマで俳優としての確固たる地位を築く江口洋介が熱演。 >>続きを読む


スマグラー おまえの未来を運べ


評価 3 件、 4.67

最強のアクションエンターテイメント誕生!ラスト38分の衝撃 それに続く圧倒的な爽快感を体感せよ!

砧涼介を演じるのは『悪人』で日本アカデミー賞最優秀男優賞を受賞し、名実共に日本映画界の顔となった妻夫木聡。共演には、永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかり、安藤政信、小日向文世、高嶋政宏、我修院達也、阿部力ら多彩な顔ぶれが並ぶ。彼らの演じるアクの強いキャラクターがそれぞれの思惑で丁々発止の駆け引きを繰り広げる。原作者は、「闇金ウシジマくん」で2011年小学館漫画賞を受賞した真鍋昌平。追い詰められる人間を中心にした作品を発表し続け、暴力と繊細な心理描写が同居する特異な作風を持つ彼の、 >>続きを読む


ホタルノヒカリ


評価 1 件、 3

HIMONO女がまさかの世界進出

映画ホタルノヒカリはイタリアが舞台ですにゃ~ん!映画ホタルノヒカリはローマ~滅びゆく断壁の街・チヴェタを舞台に繰り広げる一大スペクタル・ラブコメディ(?)inI TALY。2人が旅先で出会ったイタリア版干物女・冴木莉央と、その弟・ユウが巻き起こす、かつてない大騒動!ローマで消息を絶った花婿・高野部長を追いかけて、異国の街を疾走する花嫁・蛍の運命は!? >>続きを読む


この空の花 長岡花火物語


評価 12 件、 3.33

>>続きを読む


てぃだかんかん ~海とサンゴと小さな奇跡~


評価 件、

世界初“サンゴ礁再生”の奇跡に向かって夢を追いかけたふたりの感動実話

「てぃだ(太陽)」が「かんかん」照りという“幸せの象徴”を意味する沖縄コトバを冠した本作、養殖サンゴの移植・産卵を世界で初めて成功させ2007年環境大臣賞・内閣総理大臣賞をダブル受賞した海のヒーロー「金城浩二」の“奇跡”までの10年間を徹底取材し、彼とその夢を愛する人々が歩んできた実話をベースに映画化した感動のストーリー。主人公・金城を演じるのは、ナインティナインの〔岡村隆史〕。自身もダイビングが趣味で海を愛する岡村は、 >>続きを読む


フラガール


評価 1 件、 2

あらすじ・解説:昭和40年、エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち、そこでは北国をハワイに変えようという起死回生のプロジェクトが持ち上がっていた。目玉となるのはフラダンスショー。誰も見たことがなかったフラダンスを炭鉱娘に教えるため、東京からダンサー平山まどかが教師としてやってきた。旬を過ぎ、しがらみを抱えるが故に、最初は嫌々ながら教えるまどかだったが、生きるためひたむきに踊る少女たちの姿に、 >>続きを読む


笑う警官


評価 件、

警察小説の金字塔!待望の映画化!!

原作はシリーズ累計100万部を売上げ、北海道警を舞台にした、人気・道警シリーズの第1弾「笑う警官」。本作は原作者の佐々木譲が02年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントに書き下ろした渾身作である。監督は12年ぶりに満を持してメガホンを取った角川春樹。脚本、製作総指揮と一人三役をこなし、本作に全身全霊をかけ、スタイリッシュな世界観を持った緊迫のタイムリミットサスペンスとして >>続きを読む


沈まぬ太陽


評価 件、

観るものの魂を震わせる感動巨編、遂にスクリーンに登場。

「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最高傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで、遂にスクリーンに登場する。『沈まぬ太陽』映像化にあたっては日本映画界最高のスタッフ&キャストが集結した。注目のキャストは日本映画最高の顔ぶれが揃った。主人公・恩地元には日本が世界に誇る名優、渡辺謙。 >>続きを読む


クヒオ大佐


評価 件、

実在した結婚サギ師ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐の物語!

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』でエッジのきいた演出を見せた、吉田大八監督の最新作は「騙される方が悪い!」と叫びたくなるようなデタラメな経歴と分かりやす過ぎる変装で、女たちから推定1億円を騙しとった、実在の結婚詐欺師の物語。主演は『クライマーズ・ハイ』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』、『南極料理人』の堺雅人。彼を献身的に愛するしのぶ役に扮するのは、『容疑者Xの献身』、『余命』の松雪泰子。 >>続きを読む


ゲキ×シネ「五右衛門ロック」


評価 件、

ダイナミックな世界観を舞台で実現する劇団☆新感線

2008年夏、音楽にこだわった劇団☆新感線の“R”シリーズとして、東京・大阪で上演。演劇としては驚異の動員数を記録。古田新太を筆頭に、各界で活躍する超豪華な出演陣が勢ぞろい。迫力のロック音楽にのせて、歌あり踊りあり、笑いも涙もてんこ盛りに圧倒的な舞台を繰り広げて話題となった、新感線流ROCK活劇。2010年には結成30周年を迎える劇団☆新感線。劇画・マンガ的な世界観をコンサートばりのド派手な証明とハードロック・ヘヴィメタル >>続きを読む


容疑者Xの献身


評価 1 件、 4

福山雅治、映画初主演。「ガリレオ」シリーズ最新作、直木賞受賞【容疑者Xの献身】が、遂にスクリーンに登場!

2007年オンエアされたドラマ「ガリレオ」。福山演じる主人公・天才物理学者“ガリレオ”こと湯川学が新人刑事・内海薫の依頼を受け、普通ではありえない難事件を徹底した科学的視点によって次々に解明するストーリーが支持を受けた。更に、東野圭吾の直木賞受賞「ガリレオ」シリーズ最新作【容疑者Xの献身】が、ドラマ放送と同時に映画化企画として進行。ドラマ放送から1年となる今秋10月、遂にスクリーンに登場する。 >>続きを読む


余命


評価 件、

君に届け いのちへの想い ひとつのからだ、ふたつのいのち。愛はどちらを選ぶのだろう。

人気作家・谷村志穂の同名小説を「手紙」の名匠・生野慈朗監督が映画化。生死の究極な決断に迫られる難しいヒロイン役を演じるのは、松雪泰子。一人の女性の生き様を通して、命の大切さと尊さを伝える、感動のヒューマンドラマがここに誕生。 >>続きを読む


デトロイト・メタル・シティ


評価 件、

オシャレでポップな音楽好き大好きなのに、なぜか悪魔系デスメタルバンドに?!

監督はバラエティ番組の演出家として活躍している李闘士男。そして卓越したコメディセンスと繊細な人間描写で注目を集める大森美香による脚本。主演は「デスノート」のL役で圧倒的な存在感と演技力で人気が爆発した松山ケンイチ。ナヨナヨ根岸とデスメタルのカリスマ・クラウザーさんという強烈な個性をもった役を演じる。理想と現実にもがき苦しむ悲劇(喜劇?)のヒーローの大活躍が、いま始まる!!!!  >>続きを読む