最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 橋爪功

永遠の0


評価 件、

その奇跡に日本中が涙する。発行部数280万部を超える感動のベストセラー、待望の映画化。

2006年の初版当時から口コミで売れ続け、いまや累計発行部数280万部を超える国民的ベストセラーとなった感動作「永遠の0」(百田尚樹著)。その珠玉の物語に感銘を受けて映画化を熱望したのは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴監督。出演者には、主人公のゼロ線パイロット・宮部久蔵=岡田准一をはじめ、現代から宮部の謎に迫る青年・佐伯健太郎=三浦春馬、宮部の妻・松乃=井上真央ほか、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也(KAT-TUN)、吹石一恵、,田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二郎、橋爪功、夏八木勲といった実力派かつ個性的な俳優人が集結。 >>続きを読む


東京家族


評価 2 件、 3

半世紀のあいだ、その時代、時代の<家族>と向き合って来た山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く――

時にやさしく温かく、時に厳しくほろ苦く、家族を見つめ続けてきた山田洋次監督。『家族』、『幸福の黄色いハンカチ』、『息子』、『学校』シリーズ、『おとうと』、そして『男はつらいよ』シリーズ──そこには時代によってうつりゆく日本の家族の様々な姿が刻みつけられています。 監督作81本目となる最新作『東京家族』は、日本映画史上最も重要な作品の一つで、2012年に世界の映画監督が選ぶ最も優れた映画第1位に選ばれた『東京物語』をモチーフにした、<今の家族>の物語です。 >>続きを読む


「わたし」の人生 我が命のタンゴ


評価 件、

精神科医・和田秀樹が実際のエピソードを基に描く、希望の物語「これからの介護との向き合い方」とは

現在1000万人以上の人々が介護に携わっており、劇中で描く“介護離職”をはじめとする、様々な問題と向き合っている。本作は精神科医であり高齢者の臨床に携わるスペシャリスト和田秀樹があるひとつの家族を通し、現在の日本の介護社会における問題を浮き彫引こしながらも、家族とその周辺の人々のリアルな苦悩、そして希望を描く。 >>続きを読む


SPACE BATTLESHIP ヤマト


評価 4 件、 3

人類最後の希望を乗せて…宇宙戦艦ヤマト、発進!

1974年に放送された『宇宙戦艦ヤマト』。TVアニメーションの概念を覆す斬新な設定とダイナミックな映像、壮大なスケールで描かれる物語に日本中が熱狂し、社会現象を巻き起こした。それから、36年。国民的アニメの金字塔として愛され続けてきたヤマトが、木村拓哉を主演に迎え、ついに実写映画化として登場する!共演陣には、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、橋爪功、池内博之、マイコ、そして山崎努ら日本映画界を代表する超豪華キャストが >>続きを読む


奇跡


評価 件、

>>続きを読む


RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語


評価 件、

家族、そして人生にとって本当に大切なもを描く心あたたまる感動作。

主演に中井貴一、その妻役に高島礼子、娘役に本仮屋ユイカ、母親役を奈良岡朋子。そして本作で役者デビューを果たす三浦貴大が、主人公の同僚を演じます。監督は映画「白い船」の錦織良成。「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズを企画・制作をしたROBOTの阿部秀司が製作総指揮を務めます。島根を舞台に描かれるのは、そこに暮らす人々の温かさ、再び紡がれる家族の絆。そして、出雲の大自然を走る電車の美しい田園風景が、 >>続きを読む


交渉人 THE MOVIE


評価 件、

高度10,000mに仕組まれた完璧なハイジャック!犯人との極限の頭脳戦がはじまる。

2008年1月に連続ドラマとしてスタート。強力な美貌と体力を駆使し、体当たりで任務を遂行する、タフなヒロイン・宇佐木玲子が人気のテレビドラマ「交渉人?THE NEGOTIATOR?」が遂にスクリーンに登場。主演の米倉涼子をはじめ、陣内孝則、筧利夫、高橋克実らテレビドラマレギュラーに加え、映画版ゲストに反町隆史、林遣都、成宮寛貴、柳葉敏郎、橋爪功、津川雅彦と強力な布陣が登場。スケールアップした「交渉人」の世界を >>続きを読む


涙そうそう


評価 1 件、 5

あらすじ・解説:2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すという夢を持ち、ひたむきに生きる働き者の青年・新垣洋太郎。沖縄の青空のように明るく、おおらかな性格の洋太郎だが、この日はいつに増して陽気で、仕事をしながらたえず笑顔がこぼれいる。それもそのはず、洋太郎が誰よりも大切にしている妹のカオルが高校に合格し、オバァと暮らす島を離れ、本島にやってくるのだ。洋太郎が8歳の頃、母・光江の再婚によって、洋太郎の妹になったカオル。 >>続きを読む


余命


評価 件、

君に届け いのちへの想い ひとつのからだ、ふたつのいのち。愛はどちらを選ぶのだろう。

人気作家・谷村志穂の同名小説を「手紙」の名匠・生野慈朗監督が映画化。生死の究極な決断に迫られる難しいヒロイン役を演じるのは、松雪泰子。一人の女性の生き様を通して、命の大切さと尊さを伝える、感動のヒューマンドラマがここに誕生。 >>続きを読む