最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 永瀬正敏

りんごのうかの少女


評価 件、

永瀬正敏と工藤夕貴が『ミステリー・トレイン』以来の共演を果たした話題作。

脚本・監督は『ジャーマン+雨』により、日本映画監督協会新人賞を初長編で受賞した横浜聡子。トラウマを抱え辺境でしか生きられない人々を笑い飛ばしながら前進させ、比類なきユーモアと萬話性で弱者への応援歌を作り上げた。その絶妙な感性は、突然、軌道を逸した行動に走る主人公に松山ケンイチを迎えた『ウルトラミラクルラブストーリー』でも違和感無く発揮され、初の商業映画にしてキネマ旬報ベストテン入り、毎日映画コンクール他で松山ケンイチが主演男優賞を受賞した。本作『りんごのうかの少女』は、前作の短編2本『真夜中からとびうつれ』と『おばあちゃん女の子』と共にロンドン・レインダンス映画祭にて特別上映され >>続きを読む


姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)


評価 件、

新時代の謎解き“憑物(つきもの)落とし”京極堂が、雑司が谷の大病院の娘・妊娠20ヶ月の怪に挑む!

直木賞作家・京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」は、“ミステリーを超越した驚異の小説”と絶賛され、40万部を超えるベストセラーになった。熱狂は日本中に広がり、同じ主人公で書かれた「京極堂シリーズ」は全8作で総計400万部を超える一大ブームとなった。戦後まもない日本の怪しげな雰囲気、事件に絡むまがまがしい妖怪の影、登場人物たちの個性的で魅力に溢れたキャラクター、大胆不敵なトリックと度肝を抜く結末――その独特な世界観はどれをとっても映像化は不可能とされてきた。しかし、日本映画界最高の顔ぶれがそろい、遂に待望の映画化が実現した!京極堂に堤真一、関口に永瀬正敏、榎木津に阿部寛、木場に宮迫博之、久遠寺涼子と梗子の二役に原田知世、京極堂の妹・敦子に田中麗奈、涼子の母・菊乃にいしだあゆみ。 >>続きを読む


戦争と一人の女


評価 件、

今蘇る、昭和官能文藝ロマン若松孝二の反骨精神を継ぐ者たちが過激に描く、性と暴力の饗宴

監督は若松孝二の弟子として、満を持して長編デビューとなる井上淳一。脚本は『Wの悲劇』(1984)『大鹿村騒動記』(2011)など数々のの受賞歴をもつ荒井晴彦と中野太。坂口安吾の「明るいニヒリズム」を見事に現代に蘇らせている。また、『ユリイカ』(2000)他の監督・青山真治が音楽を担当、デカダンなタンゴが全編に流れる。先ごろ亡くなった日本映画録音界の巨匠・橋本文雄が録音監修として参加。ヒロインは若手有望監督に次々と起用されている個性派・江口のりこ、渇いた愛しさと大胆な艶技が話題を呼んでいる。無頼派の作家には、『ションベンンライダー』(1983)で相米慎二監督に見いだされ、今年芸能生活30年を迎えた永瀬正敏が新境地に挑戦する。片腕の帰還兵に『playback』(2012)の好演も評価された村上淳。 >>続きを読む


赤い季節


評価 3 件、 1.33

チバユウスケ、ソロプロジェクト SNAKE ON THE BEACH 始動!その楽曲が全編に鳴り響く、新たなる青春映画

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(2003年解散)、ROSSO(活動休止中)、The Birthdayのフロントマン、チバユウスケによるソロプロジェクト、SNAKE ON THE BEACHの楽曲にインスパイアされて一本の映画が生まれた。青春の苦悩と焦燥を深く刻み付けた『赤い季節』で主人公の殺し屋、健を演じるのは、『松ヶ根乱射事件』(07)以来、約5年ぶりに単独の映画主演を飾る新井浩文だ。今年、映画デビュー10周年を迎える新井は、ハードボイルドな主人公像を、激しく野生的に演じている。また、健の兄貴分であるアキラに村上淳、健がh自身の姿を重ねる剛に今作で映画初出演の新居延遼明(爆弾ジョニー)、健を見守る陽子に風吹ジュンが扮するほか、 >>続きを読む


スマグラー おまえの未来を運べ


評価 3 件、 4.67

最強のアクションエンターテイメント誕生!ラスト38分の衝撃 それに続く圧倒的な爽快感を体感せよ!

砧涼介を演じるのは『悪人』で日本アカデミー賞最優秀男優賞を受賞し、名実共に日本映画界の顔となった妻夫木聡。共演には、永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかり、安藤政信、小日向文世、高嶋政宏、我修院達也、阿部力ら多彩な顔ぶれが並ぶ。彼らの演じるアクの強いキャラクターがそれぞれの思惑で丁々発止の駆け引きを繰り広げる。原作者は、「闇金ウシジマくん」で2011年小学館漫画賞を受賞した真鍋昌平。追い詰められる人間を中心にした作品を発表し続け、暴力と繊細な心理描写が同居する特異な作風を持つ彼の、 >>続きを読む


死んでもいい


評価 件、

あらすじ・解説:本作は西村望の「火の蛾」を原作に、石井隆が脚本・監督した官能と殺意のラブストーリー。主人公・名美には大竹しのぶ。そして青年・信に永瀬正敏。2人が演じる異様に熱いセックス描写、そして狂気に走る鮮血のバスルームまで、演技と映像が交錯する鮮烈なるショッキング・ラブ・サスペンスが、見るほどに興奮を誘う。 >>続きを読む


毎日かあさん


評価 4 件、 4.25

すべてに本音でぶつかる“かあさん”が見せてくれる、明るい未来と家族の絆

うわべだけのキレイごとを嫌い、現代社会の本音の生き様を描き続ける漫画家、西原理恵子。鋭い毒とその陰に忍ばせた優しい愛が女性たちの心を捉え、大ブレイク。「毎日かあさん」は、そんな彼女自身の人生をもとにした物語。一家を養う“かあさん”は、締め切りと子育てに追われても、夫が騒ぎを起こしても、ムリもガマンもせず、あくまでも自然体。涙も笑いに変えるその生き方は、今を生きる女性たちに、勇気と元気を与えてくれるはず。そして、本音でぶつかりあう、一風変わった家族の >>続きを読む


隠し剣 鬼の爪


評価 件、

幕末。愛に生きる侍がいた。

あらすじ・解説:剣豪小説でありながら既存のものとは全く違う世界観を持つ「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」と、蜜やかな男女の愛を描いた男女の愛を描いた「雪明かり」。二つの短編の魅力を大胆に一つの物語に創り上げたのが、新作『隠し剣 鬼の爪』です。主人公の片桐宗蔵には、個性派俳優・永瀬正敏。きえには松たか子。共演は、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子、田中邦衛、光本幸子、田中泯、小林稔侍、緒形拳 >>続きを読む


腑抜けども、悲しみの愛を見せろ


評価 件、

あらすじ・解説:両親の訃報を受け、東京から山間の田舎に舞い戻ってきた姉・澄伽。女優を目指し、家族の反対を押し切って上京したが、実は超ゴーマンな勘違い女。自意識過剰な上に自覚ゼロのため、女優活動も頭打ち。そんな澄伽の帰省が妹・清深を脅かす。そのわけは、かつて清深が姉の秘密を暴露し、描いたホラー漫画が、全国誌に大々的に掲載されてしまったためだった!自分が女優として成功しないのはそのせいだと清深をいびり、 >>続きを読む


天使


評価 件、

あらすじ・解説:東京のとある街。ここには恋に臆病なコンビニ店員のカトウ、恋人と子供との間で揺れ動くシングルファーザーの吉川など、かけがえのない“愛”を想う人々が暮している。そんなこの街にある日、天使が舞い降りた…。ジンライムが大好物というちょっと風変わりな天使は、猫のように人にじゃれたり、いたずらしてみたりと、とにかく自由気まま。けれど、天使はちゃんと見ていてくれる。様々な人々に寄り添い、見守り、勇気付け、 >>続きを読む


さくらん


評価 件、

あらすじ・解説:満開の桜の下、女衒に連れられて、吉原にやってきた八歳の名も無き少女。美しい金魚が宙を泳ぐ大門をくぐると、そこは煌びやかで妖艶な遊郭。玉菊屋に買われた彼女はその日、きよ葉として生まれ変わった。女だらけの国が怖ろしくて脱走、あえなく捕まるきよ葉。しかし、彼女は厳しい折檻に涙も見せず、いつか自分の足で吉原を出る!と言い放つ。次第に、意思とは裏腹にぞくぞくするような美貌と誰にも媚びない >>続きを読む


R246 STORY


評価 件、

今を代表する6人が246を映画化!!

国道246号線は、いつの時代も音楽やファッションを中心にジャパニーズカルチャーを次々と生み出してきた最先端ストリート。各ジャンルを引っ張る6人がそれぞれの246を切り取っていく。自らフィールドを超え、みなぎる個性をスクリーンに叩きつける!彼らの企画に豪華キャスト・スタッフも共鳴し、全くテイストの異なる刺激的な6本の映画がついに完成した!! >>続きを読む