最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 津川雅彦

青木ヶ原


評価 件、

純愛の果てに男と女が辿りついたのは、奇跡の命が宿る森だった

私を好きにならないで、と女は言った。男はすべてを失ってでも女を守りたいと思った。何ひとつ思い通りにはいかない世の中で、純愛を貫こうともがき続けた二人は、樹海に分け入り、自らの生に決着をつけようとした。やがて二人の情念は時空を超え、彼らの人生に触れた者たちに不思議な縁をもたらす――。富士山麓、苔むした溶岩の上に木々が鬱蒼と茂る青木ケ原樹海。一度迷い込んだら簡単には抜け出せないその神秘の森を舞台に、魂を揺さぶる悲恋物語が誕生した。 >>続きを読む


ストロベリーナイト


評価 件、

幾重にも隠蔽され、複雑に絡まった事件

息もつかせぬ斬新なストーリーと豪華俳優による演技バトル。さらにスタイリッシュな演出もあいまって新感覚の本格刑事ドラマとして幅広い層から圧倒的な人気を誇ったドラマ『ストロベリーナイト』シリーズがついに映画になって帰ってきた!
>>続きを読む


ラーメン侍


評価 件、

戦後の復興を支えた屋台とラーメンが、今また街と人を勇気づける。

とんこつラーメンの本場・九州から“本格ラーメン人情活劇”誕生! 2011年秋“とんこつラーメン発祥の地”福岡・久留米から本格的なラーメン映画が誕生します。『タンポポ』(’85)以来、日本映画では初となるラーメン映画の本作は、九州の人気ラーメン店オーナーがタウン誌に連載していたコラムから着想を得た作品。昭和40年ごろの活気ある屋台街と、バブル崩壊後の不景気に沈む現代を舞台に、「ラーメンの力で人と街を元気にしよう」と奮闘する親子二代のラーメン店主と家族のドラマを人情味たっぷりに描く物語です。 >>続きを読む


一枚のハガキ


評価 件、

戦争がすべてを奪った。戦争が人生を狂わせた。それでも命がある限り、人は強く生きていく。新藤兼人、映画人生最後にして最高の傑作

戦争末期に徴収された兵士の100人のうち、94人が戦死し6人が生きて帰ってきた。その生死を分けたのは、上官が彼らの任務先を決める為にひいた“クジ”だった――。モスクワ、ベルリン、モントリオールなど海外の映画祭をはじめ、国内でも日本アカデミー賞、東京国際映画祭など国内外で数々の栄誉に輝く日本最高齢(99歳)の巨匠・新藤兼人。彼が自ら「映画人生最後の作品」と語る本作は、自身が生き残った兵士6人のうちの1人である新藤監督の実体験を元に作られた。人の命が“クジ”に左右され、兵士の死は残された家族のその後の人生をも破滅に導く。 >>続きを読む


セイジ 陸の魚


評価 1 件、 5

不器用に生きる男たちの他者との関わりを描く、魂の慟哭の物語。

監督第1作目「カクト」から8年ぶりに監督に返り咲いた伊勢谷友介が選んだのは、ベストセラーになった辻内智貴の小説「セイジ」だ。人が人を癒すことの難しさを描いた原作に感銘を受けた伊勢谷監督が、5年の月日をかけて映画化した。セイジを演じるのは、日本映画界を牽引し続けている西島秀俊、ダブル主演で視点となる「僕」を、若手俳優の中でも人気と実力を兼ね備えた森山未來が演じる。脇を固めるHOUSE475の常連客には、新井浩文、渋川清彦、滝藤賢一ら一癖ある顔ぶれが揃い、 >>続きを読む


愛の流刑地


評価 件、

あらすじ・解説:ある朝ひとりの男が逮捕された。情事の果てに女性を絞殺したのだ。男の名は村尾菊治。被害者の名は入江冬香。菊治はかつて恋愛小説の旗手として注目された作家だったが、今では世間から忘れられた存在だった。「愛しているから殺した」事件を担当する女性検事・織部美雪は菊治の言葉に困惑しながらも真相を探っていく。菊治は自分のファンであるという人妻・冬香と出会い、恋に落ちた。愛されることを知らずに生きてきた冬香。 >>続きを読む


デスノート DEATH NOTE the Last name


評価 件、

あらすじ・解説:デスノートを手にした夜神月は、理想の世界創世を目指し、次々と凶悪犯を粛清し始める。犯罪者が次々に謎の不審死を遂げるなか、人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の正体に迫ろうとするLに対し、デスノートのルールを駆使し、知略を尽くして捜査網から逃げようとする月。しかし、月もLも知らないところで、まったく予想だにしない出来事が起こっていた。リュークとはまったく別の意思を持つ死神レムが地上に落とした、もう1冊のノート…それを手にしたのは >>続きを読む


DEATH NOTE デスノート


評価 件、

あらすじ・解説:退屈な死神が人間界にノートを落とし、退屈な天才がそのノートを拾った。[このノートに名前を書かれた人間は死ぬ]それは文字通り、人の死を決定づける“死のノート(デスノート)”。神だけに許された究極の道具を手に入れたのは、誰にも負けない頭脳を誇るエリート大学生。一冊のノートから始まる予想外のストーリー展開、死神と人間が交錯する独自の“デスノート・ワールド”に繰り広げられる緻密にして壮大な知恵くらべ…。 >>続きを読む


蒼き狼 地果て海尽きるまで


評価 件、

あらすじ・解説:出生の秘密にまつわる苦悩、生涯の友情を誓った友との戦い、略奪された妻との葛藤、そして、同じ宿命を背負った息子への愛と憎しみ―なぜ生まれた?なぜ愛した?そして、なぜ憎まなければならないのか?壮絶な戦いの果てに、男が見たものとは―私はあなたの子として死ねるでしょうか? >>続きを読む


脇役物語


評価 件、

自分を見失いがちなすべての人に贈る、ロマンスあり笑いありの人生讃歌。

監督をつとめたのは、米国やヨーロッパを拠点に映像作家、俳優、脚本家として活動してきた緒方篤。短編映画『不老長寿』で世界各国の映画賞を受賞し、満を持しての長篇監督デビュー。スタッフには、半世紀以上にわたって日本映画界の中心で活躍する白鳥あかねが共同脚本・キャスティングディレクターとして参加している他、海外合作の経験が豊富な宮川絵里子プロデューサー(『キル・ビル』『バベル』)、ロサンゼルス在住の音楽家ジェシカ・デ・ローイ(『ブラッドレインII』) >>続きを読む


ラムネ


評価 件、

恋愛映画の名手・篠原哲雄が贈る青春ラブファンタジー。

高校生活最後の夏。美大への進学を諦められない陽介に、美術教師がラストチャンスとして与えられた課題は、女子の人物画。しかし、奥手な陽介はモデル探しに四苦八苦。そんな時、夜間部で同じ席に座るルミに出会い、突如モデルを志願される。自由奔放なルミに降りまわされながらながらも、絵を仕上げていくうちに、ルミに惹かれていく陽介。しかし、遂に絵が完成した朝、ルミは、陽介の前から姿を消してしまう……。 >>続きを読む


死刑台のエレベーター


評価 5 件、 2.2

愛のための完全犯罪。それは15分で終わるはずだった。

今最高に旬な主演の2人。吉瀬美智子(「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」/「のだめカンタービレ最終楽章」)と阿部寛(「劇場版TRICK」シリーズ/「ジェネラル・ルージュの凱旋」)。愛の欲望に運命を狂わせ、もがき、さまよう男女の姿、心理を熱演。さらに若手演技派の玉山鉄二(「ハゲタカ」/「GOEMON」)、そして人気急上昇の北川景子(「花のあと」/「真夏のオリオン」)が、もうひとつの殺人事件に手を染める >>続きを読む


カケラ


評価 件、

ロンドン、パリ、ストックホルムで大絶賛!話題の東京発ガールズムービー誕生!!!

ふわりふわりと揺れ動く女の子の気持ちを、ダイレクトに、繊細に、鋭く描いた驚くべき映画『カケラ』。多くの映画の現場で助監督として確かな実力を培ってきた新鋭27歳の女性監督・安藤モモ子が桜沢エリカのコミックを原作に描いたデビュー作。音楽は元スマッシング・パンプキンズのジェームス・イハが本作のために書き下ろし、せつなく胸を締めつけられるような美しい音楽が全編を包む。主演は、いま最も注目の女優、満島ひかり。 >>続きを読む


交渉人 THE MOVIE


評価 件、

高度10,000mに仕組まれた完璧なハイジャック!犯人との極限の頭脳戦がはじまる。

2008年1月に連続ドラマとしてスタート。強力な美貌と体力を駆使し、体当たりで任務を遂行する、タフなヒロイン・宇佐木玲子が人気のテレビドラマ「交渉人?THE NEGOTIATOR?」が遂にスクリーンに登場。主演の米倉涼子をはじめ、陣内孝則、筧利夫、高橋克実らテレビドラマレギュラーに加え、映画版ゲストに反町隆史、林遣都、成宮寛貴、柳葉敏郎、橋爪功、津川雅彦と強力な布陣が登場。スケールアップした「交渉人」の世界を >>続きを読む


大帝の剣


評価 件、

あらすじ・解説:時は華のお江戸に徳川幕府が生まれて数十年後くらい。<オリハルコン>という謎の金属で作られた大きな剣を背負い、旅する大男・源九郎。何を隠そう、この大剣は“三種の神器”の一つ。道中、次々に襲い掛かる妖怪忍者軍団“土蜘蛛衆”や宇宙人との<オリハルコン>をめぐる壮絶な死闘?に、源九郎は不敵に笑う「おもしれぇ」!! >>続きを読む


私たちが好きだったこと


評価 件、

あらすじ・解説:倍率76倍・超人気の高層公団マンションに当たった二人の男が、入居祝いで盛り上がった酒場で、二人の女と出会った。独立を目指す照明デザイナー・与志とネパールにしか生息しない蝶を撮る事を夢見るカメラマン・通称ロバ。“不安神経症”をかかえ人生を恐る恐る歩むOL・愛子と愛に傷つきながらも懸命に都会を生きる優秀な美容師・曜子。2LDKを舞台に微妙に噛み合わない不思議な共同生活を始めた男女四人は、 >>続きを読む


きらきらひかる


評価 件、

あらすじ・解説:情緒不安定でアルコール依存症の笑子は、同性愛者の睦月と結婚した。睦月の恋人である紺は、最初は笑子に嫉妬していたが、次第に2人の生活の中に溶け込んでいくようになる。いつしかお互いに友情とも愛情ともつかぬ奇妙な思いがつのり、不思議な関係が出来上がっていった・・・。 >>続きを読む


風が強く吹いている


評価 2 件、 5

“真の強さとは何か”に迫る、勇気と希望の感動作。

“走り”を通じ、人生の普遍的なテーマに迫る清々しい青春小説、待望の映画化!長距離選手に必要なのは、“速さではなく強さ”―故障による泥沼から這い上がり、独自の結論に達したハイジを演じるのは『ROOKIES-卒業-』の小出恵介。純粋に走ることを望むあまり、他人との衝突も多いカケルには『バッテリー』の林遣都。その他、注目の若手俳優たちが渾身の力で挑む。原作は、直木賞作家・三浦しをんの同名小説。NHK大河ドラマの >>続きを読む


ベル・エポック


評価 件、

あらすじ・解説:映画「ベル・エポック」は、5人の女性たちの揺れ動く日常を、時に優しく、時に鋭く見つめ描いた等身大の恋愛映画。出演は石田ひかり、鷲尾いさ子、白島靖代、篠原涼子、鈴木京香。この女性キャストに加え男性陣には筒井道隆、田辺誠一、柏原収史、宍戸開などの若手実力派が勢揃い、恋の行方にそれぞれ絡み、物語をさらに盛り上げていきます。またゲストとして津川雅彦、菅野美穂、長瀬智也、佐藤浩市といった豪華メンバーが花を添えています。 >>続きを読む


学校の怪談3


評価 件、

あらすじ・解説:“シャカシャカ”“のっぺらぼう”“大玉”など新たなお化けが登場!タイチの幽霊に鏡の世界に引きずり込まれてしまった小学生たちが体験した恐怖とは・・・ >>続きを読む


ジャイブ 海風に吹かれて


評価 件、

豪華キャストで綴るありそうでなかった“大人の青春映画”誕生

多様な価値観の現代社会で本来の自分を探し求める男と女・・・。人生は勝ち組・負け組と単純に色分けされるものではないはず。あの頃、やってみたかったこと、やらねばならなかったことって何だろう?人生は1隻のヨットと同じ。大海原の風をとらえて帆走する。時々荒波に揉まれたり、呑まれたり・・・。それでも航海の先には太陽の輝きが待っている。少年の心を忘れない主人公を演じるのは、石黒賢。ミューズ役には、清水美沙。主人公の両親役には >>続きを読む


落語娘


評価 件、

女落語家と異端の師匠が挑む一世一代の大勝負!笑いと感動これぞ落語エンタテインメントの真骨頂!

原作は、急増する落語ファンからも注目される新鋭作家・永田俊也の「落語娘」。女前座・香須美を演じるのは、『この胸いっぱいの愛を』『着信アリ2』を始め、TVドラマ「斉藤さん」ほか、数々の話題作に出演してきたミムラ。異端の師匠・三々亭平佐役には、『寝ずの番』で初監督も果たした津川雅彦。メガホンを執ったのは、『櫻の園』『12人の優しい日本人』などで知られる中原俊監督。落語界の面白さ、人間模様の可笑しさをユーモアと絶妙なオチで描いた、これぞ落語エンタテイメントの真骨頂! >>続きを読む


相棒 -劇場版-


評価 件、

頭脳明晰な杉下右京と熱血漢の亀山薫。警視庁の窓際部署“特命係”のふたりが抜群のコンビネーションで難事件の真相を解明していく人気の刑事ドラマ「相棒」が、ついに映画化!

『相棒?劇場版?』は、不可解な記号が残された連続殺人事件が物語の発端。右京の推理と薫の行動力で犯人の狙いを突き止めるが、仕掛けられた罠は右京の推理を上回る巧妙さだった!右京と薫を演じるのは水谷豊と寺脇康文。鈴木砂羽、高樹沙耶、岸部一徳をはじめ、実力派レギュラーキャストたちは、テレビシリーズで育ててきたキャラクターをより深みのある演技で見せる。「相棒」の魅力をさらにスケールアップしたスピーディな展開と >>続きを読む