最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 淡路恵子

四十九日のレシピ


評価 件、

母が遺したレシピに導かれ、母の人生を旅する、49日間の感動の物語。

娘の百合子を演じるのは、「八日目の蝉」で日本アカデミー賞助演女優賞他、映画各賞を総ナメにし、その確かな演技力と透明感あふれる美しさで、日本を代表する女優となった永作博美。頑固で口下手で不器用だけど気持ちは熱い父の良平には石橋蓮司。岡田将生と二階堂ふみが不思議な魅力に溢れる個性的なキャラクターを、原田泰造が百合子の夫を演じている。伊吹有喜のロングセラー小説を、独自の感性が人気の気鋭監督タナダユキが映画化。死と真っ直ぐに向き合うことで、人生の素晴らしさ、愛おしさを描き上げる。何でもない毎日の何でもない雑事を、心をこめてこなす母のレシピは >>続きを読む


ベロニカは死ぬことにした


評価 件、

あらすじ・解説:退屈な人生にうんざりして自ら命を絶とうとした主人公トワが目覚めたところはちょっと変わったサナトリウム。院長に「君はあと7日間の命だ」と宣告される。院内では風変わりな人々が隔絶された独特の世界で毎日をすごしている。周囲がトワを心安らかに逝かせようと接触を避けるなか、絵描きになる夢を忘れられず、言葉を失ってしまったクロードだけは、トワに共感する何かを感じているのだった。最初は戸惑い、混乱するトワだったが、 >>続きを読む


ラーメン侍


評価 件、

戦後の復興を支えた屋台とラーメンが、今また街と人を勇気づける。

とんこつラーメンの本場・九州から“本格ラーメン人情活劇”誕生! 2011年秋“とんこつラーメン発祥の地”福岡・久留米から本格的なラーメン映画が誕生します。『タンポポ』(’85)以来、日本映画では初となるラーメン映画の本作は、九州の人気ラーメン店オーナーがタウン誌に連載していたコラムから着想を得た作品。昭和40年ごろの活気ある屋台街と、バブル崩壊後の不景気に沈む現代を舞台に、「ラーメンの力で人と街を元気にしよう」と奮闘する親子二代のラーメン店主と家族のドラマを人情味たっぷりに描く物語です。 >>続きを読む


ハードロマンチッカー


評価 件、

『バトル・ロワイアル』から11年、再び世に問う、暴力とはなんだ!?

鬼才・グ スーヨン監督が描くこの映画『ハードロマンチッカー』は暴力しか知らない若者達の挽歌である。ACC最高賞をはじめ、数多の広告賞を受賞し、CM業界を中心に映画、TVドラマでも活躍する監督が『偶然にも最悪な少年』(03)、『THE 焼肉ムービー プルコギ』(07)に次いで撮ったのは、故郷・下関を舞台にした終わりなき暴力の連鎖である。主演を務めるのは松田翔太。 >>続きを読む


アイラブレッドライオン


評価 件、

痛快!大衆娯楽映画!!

古くからのファンを持ちながら、世の女性達を魅了してやまない大衆演劇。その東西大衆演劇座長5名が勢揃いする、痛快!大衆娯楽映画 !!主演は、大衆演劇界では不動の人気を誇り、映画、ラジオなど活動の場を広げる兄貴的存在、里見要次郎(関西大衆演劇親交会会長)が映画初主演を勤める。脇を固めるのは人気座長5名と葵好次郎(大衆演劇演友会会長)、ヒロインには強豪の中オーディションにて選ばれた磯貝奈美を起用し、 >>続きを読む