最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 深津絵里

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望


評価 件、

衝撃のLAST DANCE――

最後の交渉 最後のレインボー最中 最後の接待 最後の拳銃携帯命令 最後の取り調べ 最後の捜査 最後の交通安全教室 最後の約束 最後の「 なんてな。」 最後の緊急配備 最後の所轄の意地 最後の政治 最後のカップラーメン 最後の有給休暇 最後のローラー作戦 最後のビンゴ 最後の調整 最後の結婚式 最後のカエル 最後の戒名 最後の湾岸太郎 最後の指導 最後の爆破スイッチ 最後のWP0268 最後の天下り 最後の経費節減 最後の嘘 最後の領収書 最後の正義 最後の辞職勧告 最後の愛 >>続きを読む


ステキな金縛り


評価 2 件、 5

構想10年以上!三谷幸喜が一番実現させたかった企画、ついに映画化!!

今や国民的脚本家としてエンターテインメント界を牽引する三谷幸喜。記念すべき生誕50周年を迎える2011年、いよいよ監督5作目となる待望の最新作『ステキな金縛り』が満を持して登場します。構想10年、三谷監督が長年温め続け一番実現させたかった企画が、ついに映画化。その面白さは5作目にして、まさに5つ星級。しかも三谷監督作品史上“一番笑えて、泣ける”作品となっています。出演者には、豪華な俳優陣が大集結!将来性ゼロの三流弁護士・エミに深津絵里、落ち武者の幽霊・六兵衛に >>続きを読む


踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!


評価 件、

あらすじ・解説:いまや一大観光地と化した東京・お台場で連続殺人事件が発生。青島ら湾岸署の面々は、警視庁から赴いた沖田仁美の指揮下に入り、捜査を進めることになるが、所轄を手駒としか扱わない彼女のやり方に署員は反発するが…。(amazonより) >>続きを読む


踊る大捜査線 THE MOVIE


評価 件、

あらすじ・解説:テレビでヒットしたドラマを、配役・スタッフもそのままに映画化。「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」というキャッチフレーズのもと、若手の現場の若手刑事青島と警察官僚との友情を軸に、本庁と所轄署、キャリアとノンキャリアの対立など、これまでの刑事ドラマにはなかった視点から描かれている。ストーリーは殺人予告、警視庁副総監誘拐、警察署内の窃盗事件などが同時に発生し、てんやわんやの湾岸署の24時間を描いている。(amazonより) >>続きを読む


悪人


評価 12 件、 2.83

ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族、誰が本当の“悪人”なのか?

芥川賞作家・吉田修一の最高傑作「悪人」が待望の映画化。吉田自ら“代表作”と語る本作は、発売と同時に各メディアの絶賛と大きな話題をよび、第61回毎日出版文化賞、第34回大佛次郎賞をダブル受賞しベストセラーとなった。ひとつの殺人事件。殺した男と愛した女。引き裂かれた家族。さまざまな視点から事件の真相が明らかになるにつれ、読書はある疑問にたどりつく。「いったい誰が本当の“悪人”なのか」と。悪意にまみれた >>続きを読む


踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!


評価 1 件、 4

湾岸署、封鎖されちゃいました。

新湾岸署への移転の最中…青島らを襲う8つの事件。同一犯か?犯人の目的は?湾岸署最後の日、最悪が占拠する。 >>続きを読む


阿修羅のごとく


評価 件、

あらすじ・解説:昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹は、70歳を迎える父に愛人と子どもがいることを知らされ、それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく……。かつてNHKで放映された向田邦子・脚本の名作ドラマを、『失楽園』『模倣犯』などの才人・森田芳光監督が映画化。昭和後期の女性たちの生きざまが、現代にも巧みに訴えかける普遍性を伴いながら、観る者に心地よい感動を与える秀作である。姉妹それぞれの >>続きを読む


西遊記


評価 件、

あらすじ・解説:三蔵法師一行が立ち寄ったのは、草木の枯れた砂漠の町。王宮に招かれた一行は、魔法によって醜い亀にされてしまった王様と王妃様を目の当たりに・・・。かつて緑豊かだったこの国に金角大王・銀角大王という怖ろしい兄弟妖怪が現れ、この国の緑とすべての財宝を奪い、王様たちに妖術をかけて去って行ったという。この国の人々は妖怪の力を恐れ、悪に立ち向かう勇気を失っていた。王女・玲美は三蔵たちに懇願し、 >>続きを読む


スペーストラベラーズ


評価 件、

あらすじ・解説:3人組が銀行強盗に入ったが、素早く逃走する計画が狂い、客や行員を人質に立てこもるはめに…。 警察に取り囲まれた彼らは、身元が割れてないのをいいことに、自分たちを人気アニメの『スペーストラベラーズ』のキャラクターに合わせ、本格的な犯罪組織だと宣言する。人質も彼らの作戦に協力するようになり、銀行の中は奇妙な連帯感に包まれた・・・。 >>続きを読む


博士の愛した数式


評価 件、

あらすじ・解説:何を喋っていいか混乱した時言葉の代わりに数字を持ち出す。それが、他人と話すために博士が編み出した方法だった。相手を慈しみ、無償で尽くし敬いの心を忘れず、常に数字のそばから離れようとはしなかった。博士は息子を、ルート(√)と呼んだ。博士が教えてくれた数式の美しさキラキラと輝く世界・・・。 >>続きを読む


(ハル)


評価 件、

あらすじ・解説:人生に行き詰まりつつあるサラリーマンの逸見(内野聖陽)は、「ハル」というハンドルネームでパソコン通信を始め、やがて「ほし」と名乗る人物とのメール交換が始まる。しだいに「ほし」が女性(深津絵里)であることがわかり、彼女もまた、人生に悩みつつ日々を生きるひとりの若者であることを知る・・・。 >>続きを読む


ホノカアボーイ


評価 件、

ハワイ島の小さな映画館。まさか僕がここで働くことになるなんて。

熱狂的ファンをもつ原作「ホノカアボーイ」の風と言葉とその温もりを映画化するために、たくさんの才能が何かに惹かれあうように集まった。奇跡のように。脚本は、数々の大ヒットCMを手掛けるCMプランナー高崎卓馬。その言葉に優しい匂いをもたらした料理は、料理家、高山なおみ。淡く優しい色彩で包むような映像は、注目の女性写真家、市橋織江。風にリズムを与える音楽は桑原茂一。そして監督はユーモアと人間の繊細さを徹底したディティールで描く >>続きを読む


女の子ものがたり


評価 件、

すべての<女の子>を元気にする、あの頃の友だちから届いた感動の物語

いつか自分の居場所を探してバラバラな道を歩いていく予感。あの夏の海や空がみえる原っぱに、夢に向かって頑張り始めた頃の自分がきっといる。かつて“女の子”だった、そして、女の子まっただ中にいるすべての人を優しく勇気づける感動のストーリー!原作は、人気漫画家・西原理恵子の自叙伝的作品でベストセラー「女の子ものがたり」。2009年は、「毎日かあさん」がテレビアニメ化、「いけちゃんとばく」が実写映画化されるなど、その作品群が >>続きを読む


ザ・マジックアワー


評価 1 件、 5

待望の三谷エンターテイメント最新作!! 誰の人生にも、輝く瞬間“マジックアワー”がある。

マジックアワーとは映画の専門用語で夕暮れのほんの一瞬のこと。太陽が地平線の向こうに落ちてから、光が完全になくなるまでのわずかな時間にカメラを回すと、幻想的ないい映像が撮れると言われています。一日のうちで世界がもっとも美しく見える瞬間、それがマジックアワー。「愛」に「仕事」に「人生」に行き詰った守加護の住人たち。しかし村田が街にやって来たことで、やがてそれぞれが「人生のマジックアワー」を体験することになるのです。 >>続きを読む