最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 牧野圭祐

アブダクティ


評価 件、

夢も家族も仕事にも見捨てられたダメ男が、なぜ、拉致られる!?

実力派俳優、温水洋一と山口雄大監督がタッグを組んで送る本格シチュエーション・サスペンスムービー。温水洋一が演じるのは、家族にも捨てられ、借金を抱え、夢も仕事もあきらめたしがない中年男。そして、物語は温水が演じる主人公が何者かに「拉致」されたところから始まる。なんとか閉じ込められているコンテナからの脱出を試みるが、事態は思いがけない方向へと展開する。観る者を飽きさせない巧みな映像表現、スリリングなファクターが詰め込まれたラストまでの息を呑む展開、そして奮闘する温水洋一から目が離せない。 >>続きを読む


さよならドビュッシー


評価 件、

ドビュッシー「月の光」の美しい旋律と少女に降り懸かる運命に感動の音色があふれだす――

第8回『このミステリーがすごい!』大賞(宝島社主催)を受賞した中山七里原作の同名小説を、2001年第51回ベルリン国際映画祭に出品された『クロエ』で高い評価を得、監督として実力を発揮し、2012年TBS系列日曜劇場で放送された『ATARU』で俳優として好演した利重剛が監督、約10年ぶりにメガホンを取ります。大怪我を負いながらも懸命にピアニストを目指す主人公を演じるのは、『告白』や『桐島、部活やめるってよ』などに出演し、今最も注目を集める女優・橋本愛。現役人気ピアニストの清塚信也がピアノ教師を演じ、リアリティあるピアノ演奏で世界観を広げます。
>>続きを読む


浪漫者たち


評価 件、

ゲーテを読み、大和を訪ねて日本浪曼派の心にふれる。

『能楽師』では600年の能の伝統を賛美し、『みやび 三島由紀夫』では命をかけて日本文化を守ろうとした天才作家・三島を追慕した田中千世子監督が初の劇映画で青春の教養をテーマに据える。主役の若者に演劇界のホープ伊勢谷能宣(劇団燐光群)を迎え、三輪の大神神社でロケを敢行。古代文化愛好家が年間を通して訪れる山辺の道を行くと三輪山と大神神社がある。三輪山は神が宿る神体山で、信仰の対象である。大神神社は >>続きを読む