最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 百田尚樹

永遠の0


評価 件、

その奇跡に日本中が涙する。発行部数280万部を超える感動のベストセラー、待望の映画化。

2006年の初版当時から口コミで売れ続け、いまや累計発行部数280万部を超える国民的ベストセラーとなった感動作「永遠の0」(百田尚樹著)。その珠玉の物語に感銘を受けて映画化を熱望したのは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴監督。出演者には、主人公のゼロ線パイロット・宮部久蔵=岡田准一をはじめ、現代から宮部の謎に迫る青年・佐伯健太郎=三浦春馬、宮部の妻・松乃=井上真央ほか、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也(KAT-TUN)、吹石一恵、,田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二郎、橋爪功、夏八木勲といった実力派かつ個性的な俳優人が集結。 >>続きを読む


モンスター


評価 件、

ただ愛されたかった…。最後にたどりつくのは、破滅か、幸せか?

美しくなりたい――女性なら誰しもが抱く願望を、究極の形で突きつめた百田尚樹の同名小説「モンスター」。「永遠の0(ゼロ)」などで知られる百田作品の中でも、とくに問題作とされる本書は、女の本質ばかりか、男の愚かさ、傲慢さまでも見すえた辛辣な物語が、女性を中心に圧倒的な支持を受け、30万部を突破するベストセラーとなった。主演を務めるのは、7年ぶりの主演映画となる高岡早紀。しっとりと大人の色気を漂わせる彼女が、“バケモノ”と呼ばれた未帆(和子)の高校時代から、完璧な美貌で男を惑わす姿までを一人で演じ切り、愛を求め続けた女の心の叫びをリアルに体現する。 >>続きを読む


ボックス!


評価 件、

ボクシングに賭けた少年たちの熱い友情と、それぞれの栄光。

2008年6月に発表後、数々の有力書店にて新刊ランキング1位を記録し話題となった大ヒットスポーツ青春小説「ボックス!」が待望の映画化!主演に、昨年の映画界でナンバーワンヒットとなった『ROOKIES-卒業-』で熱き高校球児を演じ、いまや若手トップ俳優として不動の地位を築いた市原隼人。大阪の高校の体育科に通うボクシング部のエースにしてやんちゃな天才ボクサー・鏑矢義平(かぶらや・よしへい)こと“カブ”を演じます。常に熱くまっすぐな >>続きを読む