最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 笑福亭鶴瓶

おとうと


評価 件、

現代を生きる?家族?に寄り添いながら、その希望を描く感動作。

『家族』、『幸福の黄色いハンカチ』、『息子』、『学校』シリーズ、そして『男はつらいよ』シリーズで、日本の家族を描き続けてきた山田洋次監督。本作は、東京で堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題ばかりを起こしてきた弟との、再会と別れを優しく切々と謳いあげる、笑いと涙にあふれた物語です。 姉の吟子に扮するのは、吉永小百合。冗談ばかりの弟と真面目な姉の、微妙にかみ合わないおかしさを軽やかに演じると同時に、 >>続きを読む


母べえ


評価 件、

あらすじ・解説:昭和15(1940)年の東京。夫と2人の娘とつましくも幸せに暮らしていた野上佳代の平穏な毎日は、ある日突然、夫が治安維持法違反で検挙されてしまったことで一変する。娘たちを抱え、一家の家計を支えるため、早朝から深夜まで奔走する佳代。しかし、年が変わっても夫が帰ることはなく、遂に日本はアメリカとの戦いに突入する・・・・・・。 >>続きを読む


私は貝になりたい


評価 件、

「私は貝になりたい」完全版ついに誕生

「七人の侍」をはじめ数々の黒澤明監督作品に参加した橋本忍の脚本で、昭和33年に制作されたドラマ「私は貝になりたい」。故フランキー堺主演のこのドラマは、一兵士として戦争に巻き込まれた市民の悲劇と切なさを描き、放映とともに日本中を感動の涙で包み込んだ。あれから50年。ドラマ史に金字塔を打ち立てた名作を橋本忍自ら改訂した。今まで描ききれなかったという夫婦の愛の物語、また、二人が人生を過ごした日本の美しい季節描写など、様々な要素が >>続きを読む


ココニイルコト


評価 件、

あらすじ・解説:広告代理店勤務のコピーライター志乃は、ある上司の夫人から手切れ金を渡され、大阪支社へ飛ばされることになった。幼いころの日々から培った諦念でそれを黙って受け入れ、大阪へ赴いた彼女は、そこで入社してきてまもない楽天家社員の前野と知り合うが・・・。 >>続きを読む


ディア・ドクター


評価 1 件、 4

命の恩人か、ただの嘘つきか。笑福亭鶴瓶、一世一代のはまり役!

主演は、映画出演も相次ぐ日本最高のエンターテイナー、笑福亭鶴瓶。棚田が広がるのどかな田園風景を舞台にひとりの男の突拍子もない人生を演じ、圧倒的な存在感をもって観客を一気に巻き込んでいく。伊野と好対照をなす研修医・相馬を演じ、物語にさらに奥行きをもたらすのは映画やドラマに活躍がつづく瑛太。この二人を囲んで余貴美子、香川照之、八千草薫ら屈指の演技派たちが集い、小さな村で起きた大事件の顛末が思いもかけないラストに向かって >>続きを読む


同窓会


評価 件、

鬼才・サタケミキオの初監督作品は初恋を実らせた二人の離婚から始まる《自分リセットムービー》!!

劇団「東京セレソンデラックス」の主宰?稀代の才人・サタケミキオが、遂に映画監督デビュー&宅間孝行が映画初主演!いっぱしの大人のはずなのに、実はまるっきり大人になりきれてなかった30代男子、通称・かっつ。故郷・長崎県島原で初恋にときめいたあの頃を思い出しながら、本当の幸せに気づいていく彼は、同窓会を開くことで、人生最大の賭けに出るが…。そこには、かっつにとって人生最大のサプライズが待ち受けていた! >>続きを読む