最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 笹野高史

魍魎の匣(もうりょうのはこ)


評価 件、

舞台は1952年、東京。上海ロケ敢行、VFX駆使、音楽は東京事変…豪華絢爛にして斬新な娯楽大作!!

京極夏彦の最高傑作の映画化が、原作者本人も驚いた大胆なアプローチでついに実現!映画界を代表する6人の超強力キャストに加え、柄本明、宮藤官九郎、清水美砂、篠原涼子、荒川良々、笹野高史、寺島咲、谷村美月と豪華な面々が映像を彩ってゆく。監督・脚本は原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型建物、アクションや爆破シーン、VFXを駆使した映像と、豪華絢爛なシーンの数々が観る者に迫り、東京事変によるエンディングテーマが華を添える。ハコをめぐる謎が新たな謎を呼び、予測不可能な展開が猛烈なテンポで次々と押し寄せる、全く新しい超高速展開サスペンスが誕生しました。ハコの中には何がある!? >>続きを読む


図鑑に載ってない虫


評価 件、

謎の“死にモドキ”を探す三人の、命懸けの旅が始まる。

2005年、『イン・ザ・プール』『亀は意外と速く泳ぐ』で映画界に“脱力系”ブームを巻き起こし!2006年、深夜ドラマ「時効警察」で超高視聴率を記録した!あの“小ネタの鬼才”三木聡、待望作!!謎の“死にモドキ”を探す三人の、命懸けの旅が始める。鬼才・三木聡が放つドライブ感たっぷりのマジカルサスペンス! >>続きを読む


奇跡のリンゴ


評価 件、

絶対不可能といわれていた無農薬リンゴに挑んだ家族。感動の実話。

リンゴはとてもデリケートなくだもので、年に何度も農薬や肥料をやり、気の遠くなるほどの手間をかけてやらないと絶対に実らないと言われています。この映画は無農薬による栽培で甘くて美味しい“奇跡のリンゴ”を生み出したある家族の物語です。主人公の木村秋則には「舞妓Haaaan!!!」、「マルモのおきて」など映画、テレビの他、舞台、音楽と非凡な才能を見せる阿部サダヲ。妻・美栄子には高い演技力と女性から圧倒的な支持で確固たる地位を確立している菅野美穗。そして秋則の義父には名優・山崎努。 >>続きを読む


渾身 KON-SHIN


評価 件、

豊かな大自然を背景に、古典相撲を通して、島とともに生きようとする家族を描く珠玉の感動作。

島根を舞台に「白い船」(02)、「うん、何?」(08)、「RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語~」(10)を送り出した錦織良成監督が、十年来注目していたのが【隠岐古典相撲】。川上健一の同名小説と出会い、“渾身”想いで映画化を果たす。島に生きる芯の強い女性・多美子に伊藤歩。古典相撲に挑む夫・英明には今作で本格映画デビューを飾る劇団EXILEの青柳翔。フレッシュな顔合わせのふたりの脇を、錦織組にはおなじみの甲本雅裕、長谷川初範、宮崎美子をはじめ、財前直見、笹野高史、中村嘉葎雄などベテラン勢が、確かな演技で支えている。 >>続きを読む


プリンセス トヨトミ


評価 件、

今明らかになる、歴史を覆す真実。驚天動地のエンターテインメントが、幕を開ける!

7月8日金曜日、午前4時――大阪が全停止した。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に三人の会計検査院調査官がやって来た。税金の無駄遣いを許さず、調査対象を徹底的に追い詰め“鬼の松平”として恐れられている、松平元。その部下で、天性の勘で大きな仕事をやってのけ“ミラクル鳥居”と呼ばれている鳥居忠子。日仏のハーフでクールな新人エリート調査官、旭ゲーンズブール。三人は順調に大阪での実地調査を進め、次の調査団体のある空堀商店街を訪れる。その商店街には、ちょっと変わった少年少女がいた。 >>続きを読む


一命


評価 件、

貧しくとも、愛する人と共に生きることを願い武家社会に立ち向かったある侍の生き様に、心が震える感動作。

2011年度カンヌ国際映画祭で、一本の日本映画が上映された。それは、今や世界が注目する監督、三池崇史待望の新作「一命」である。怒涛のストーリー展開、鬼気迫る役者陣の演技、緊迫感あふれる映像美、そして衝撃の結末に観客は騒然となり、スタンディング・オベーションは鳴りやむことがなかった―。この世界を圧倒した衝撃作が、ついに日本で、そのベールを脱ぐ。 >>続きを読む


テルマエ・ロマエ


評価 1 件、 4

古代ローマの設計技師(風呂専門)が現代日本の銭湯にワープ!?

マンガ大賞&手塚治虫文化賞を史上初のW受賞した大ベストセラーコミック「テルマエ・ロマエ」。古代ローマと現代日本の“風呂”を巡る冒険を描く、時空を超えた入浴スペクタクルが驚愕の実写化。主人公の古代ローマ人・ルシウスは、古代ローマの街並みの中でも全く違和感なく存在し、原作者・ヤマザキマリも大絶賛の阿部寛。ヒロインのキュートな日本人女性・真実に上戸彩。その他、ローマ人役に日本屈指の顔の濃い役者、市村正規、北村一輝、宍戸開という奇跡のラインナップ。 >>続きを読む


FLY! ~平凡なキセキ~


評価 件、

モテない地球人と宇宙人。“さえへんコンビ”が巻き起こす、せつなくもやさしい、恋と友情の物語。

主人公・満男には、その繊細な演技力に定評がある、吉本新喜劇の若き座長・小籔千豊!ヒロイン・ななみには、初めての母親役、しかもシングルマザーという難しい設定に挑む相武紗季!モテない宇宙人シカタに温水洋一!さらに、大杉漣、笹野高史、本仮屋ユイカ、西田敏行他、豪華キャストがズラリ!!今をときめく人気劇団・ヨーロッパ企画の上田誠と山脇唯が脚本を担当。さらに、関西で爆発的人気を誇る「探偵!ナイトスクープ」を手がける朝日放送の近藤真広が初メガホンを取ります! >>続きを読む


僕達急行 A列車で行こう


評価 2 件、 4.5

恋と仕事と好きなコト――森田芳光監督からのラストエール

『家族ゲーム』『間宮兄弟』といった監督作や、『バカヤロ一!』シリーズの脚本作など、唯一無二のコメディセンスで描き出してきた森田芳光監督が、十数年前から温めつづけていたオリジナル企画!大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子という対照的なふたりが、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿を、のびやかなユーモアときらきらするような空気感で綴った、心あたたまるコメディだ。 主演は、現代日本映画を代表する演技派・松山ケンイチと瑛太。 >>続きを読む


天地明察


評価 件、

星好きなこの男に託されたのは、時代の常識をひっくり返す大計画だった!

『おくりびと』での米国アカデミー賞外国語映画賞受賞から3年。全世界が注目する滝田洋二郎監督、待望の最新作は、2010年本屋大賞第1位、冲方丁のベストセラー小説「天地明察」。江戸時代に天文学者!?星の位置を測り、日本で初めての暦作りに挑戦した安井算哲の物語だ。実在の人物・安井算哲役には、その端正な演技で、全世代から圧倒的な人気を誇る、岡田准一。算哲を支える妻・えん役には、情感あふれる演技が支持される宮崎あおい。 >>続きを読む


犯人に告ぐ


評価 件、

あらすじ・解説:川崎でおきた連続児童殺害事件。<BADMAN>と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人は、3件目の犯行後、表舞台から姿を消す。膠着した捜査に警察は、捜査責任者をテレビに出演させる大胆な「劇場型捜査」を決断。担ぎ出されたのは刑事巻島。6年前の誘拐事件会見でマスコミの糾弾をうけて失脚した男。テレビカメラの前に立った巻島は言い放つ「BADMAN、主役が黙っていてどうする?」!!犯人を挑発する巻島の発言に報道は過熱し、非難の声が日本中にわきあがる! >>続きを読む


CUT


評価 件、

数々の名作に彩られた映画愛溢れる『CUT』が現在の映画界に一石を投じる!

第68回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門のオープニング作品としてワールド・プレミア上映され、10分間のスタンディングオベーションで熱狂的に迎えられた『CUT』。主演の西島秀俊は「満席のお客さんに受け入れてもらえて感無量」と感慨を隠さず、常盤貴子も「賛辞の言葉をいただけ、本当にうれしい」と喜びを語った。メディアも『CUT』の熱気に注目し、賞賛記事が並ぶとともに“映画の真実”を問う本作の内容に論議を呼び話題となった。小津安二郎、溝口健二、新藤兼人、黒澤明 >>続きを読む


この空の花 長岡花火物語


評価 12 件、 3.33

>>続きを読む


漫才ギャング


評価 件、

超豪華キャストが異色コンビを結成、お笑いの頂点を目指す!!

『ROOKIES-卒業-』の好演が記憶に新しい佐藤隆太と、役者のみならず歌手としても活躍する上地雄輔、人気・実力ともに絶好調のふたりがこの異色のコンビを熱く演じる。さらに、飛夫の元彼女・由美子役を石原さとみが演じて作品に清潔感をもたらすほか、綾部祐二(ピース)、宮川大輔ら吉本芸人たちも大挙出演!笑いはもちろん、恋愛や友情ドラマの興奮、そしてアクションシーンもふんだんに盛り込まれ、なんとも欲張りな青春エンタテインメントが誕生した! >>続きを読む


小川の辺


評価 件、

>>続きを読む


シュアリー・サムデイ


評価 件、

監督・小栗旬が同世代へ贈る青春群像エンターテインメント!

絶対予測不可能!?空前絶後の超ハイスピードムービー!!!今から五年以上前のある日。一人の俳優が脚本家に原案を持ち込み、脚本を書いて欲しいと頼んでいた。その俳優の名は、小栗旬。運命に導かれるようにスパークした二つの才能はリアル(現実)とファンタジー(理想)を融合させたスタイリッシュなストーリーを作り上げた。それから五年、ストーリーは映画になった。物語を牽引する小出恵介を筆頭に、小栗自ら参加したキャスティングに >>続きを読む


ザ・中学教師


評価 件、

あらすじ・解説:中学教師の三上は、生徒たちに社会のルールを徹底的に教え込むプロ教師だ。登校拒否生徒の親には「家出でもして子供を突き放せ」と言い、「卒業生にはもはや興味が無い。報酬の分だけ仕事をしてこそプロ」と公言する。そのために当然教師の間では異端視され“友達先生”的な女教師とは対立ばかりだ。そんな中、衝撃的な事件が起こる。シンナーを吸って遊んでいた生徒が学校のプールで水死体として発見されたのだ。 >>続きを読む


死刑台のエレベーター


評価 5 件、 2.2

愛のための完全犯罪。それは15分で終わるはずだった。

今最高に旬な主演の2人。吉瀬美智子(「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」/「のだめカンタービレ最終楽章」)と阿部寛(「劇場版TRICK」シリーズ/「ジェネラル・ルージュの凱旋」)。愛の欲望に運命を狂わせ、もがき、さまよう男女の姿、心理を熱演。さらに若手演技派の玉山鉄二(「ハゲタカ」/「GOEMON」)、そして人気急上昇の北川景子(「花のあと」/「真夏のオリオン」)が、もうひとつの殺人事件に手を染める >>続きを読む


半落ち


評価 件、

あらすじ・解説:ベストセラー記録を樹立した横山秀夫ワールド・最高峰の完全映画化。アルツハイマーの病状が進む妻・啓子に懇願され、嘱託殺人という重罪を犯した現役警察官・梶総一郎。自首するまでの空白の2日間のことについて、固く口を閉ざす梶に、事件の真相を追う志木刑事や県警幹部すべてが困惑する。その心の襞を探っていく物語は、いつしか彼を取り巻く人々の心のうちまでも照らし出し、『半落ち』に仕込まれた“合わせ鏡”の見事さは、 >>続きを読む


誘拐ラプソディー


評価 件、

誘拐犯vsヤクザvs警察 男たちが行き着く先とは?

2005年に映画化され大ヒットした「明日の記憶」の荻原浩のロングセラー小説を映画化するにあたり、またとないキャスティングが実現。今までヒーロー役が多かった高橋克典が、悪人になりきれず、どこか憎めない主人公・秀吉を演じ、愛する子供のためなら手段を選ばない篠宮に哀川翔、そして犯罪には厳しいが、人情味あふれる黒崎刑事に船越英一郎。超主役級が顔を揃える豪華さに加え、YOU、菅田俊、木下ほうか、笹野高史、品川徹、 >>続きを読む


交渉人 THE MOVIE


評価 件、

高度10,000mに仕組まれた完璧なハイジャック!犯人との極限の頭脳戦がはじまる。

2008年1月に連続ドラマとしてスタート。強力な美貌と体力を駆使し、体当たりで任務を遂行する、タフなヒロイン・宇佐木玲子が人気のテレビドラマ「交渉人?THE NEGOTIATOR?」が遂にスクリーンに登場。主演の米倉涼子をはじめ、陣内孝則、筧利夫、高橋克実らテレビドラマレギュラーに加え、映画版ゲストに反町隆史、林遣都、成宮寛貴、柳葉敏郎、橋爪功、津川雅彦と強力な布陣が登場。スケールアップした「交渉人」の世界を >>続きを読む


武士の一分


評価 件、

あらすじ・解説:三村新之丞は最愛の妻、加世とつつましく暮らす、海坂藩の下級武士。「早めに隠居して、子供がたに剣を教えたい」、見果てぬ夢を語りながらも笑いの絶えない新之丞の平和な日々は、藩主の毒見役をつとめて失明した日から暗転する。そんな彼をさらに絶望の淵に追い詰めたのは、妻への疑惑。言葉巧みに言い寄る上士、島田藤弥が仕掛けた罠に加世は落ちたのだった・・・。義を重んじ、卑怯を憎む侍としての「心」を、 >>続きを読む


歓喜の歌


評価 件、

忘れかけた真心を歌にのせて贈る、ハートフルな音楽コメディー!

現代社会を生きる庶民の悲喜こもごもを絶妙の観察眼で切りとった語り口で、「もっともチケットの取れないライブ表現者」と言われる落語家・立川志の輔。その最高傑作に数えられる新作落語「歓喜の歌」を、『パッチギ!』『フラガール』のシネカノンが完全映画化した。優柔不断で事なかれ主義なのに、なぜか憎めない主人公・飯塚主任をオカシミたっぷりに演じるのは、日本映画界が誇る実力派・小林薫。多忙な日々に追われながらも、みんなと歌う喜びを諦めない凛とした主婦コーラスのリーダー役には、本作が6年ぶりのスクリーン復帰となる安田成美。大ヒット作『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督の指揮の下、珠玉のアンサンブルを奏でている。 >>続きを読む


おとうと


評価 件、

現代を生きる?家族?に寄り添いながら、その希望を描く感動作。

『家族』、『幸福の黄色いハンカチ』、『息子』、『学校』シリーズ、そして『男はつらいよ』シリーズで、日本の家族を描き続けてきた山田洋次監督。本作は、東京で堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題ばかりを起こしてきた弟との、再会と別れを優しく切々と謳いあげる、笑いと涙にあふれた物語です。 姉の吟子に扮するのは、吉永小百合。冗談ばかりの弟と真面目な姉の、微妙にかみ合わないおかしさを軽やかに演じると同時に、 >>続きを読む


学校の怪談


評価 件、

あらすじ・解説:夏休み前の最後の一夜。取り壊しが決定して立入禁止となっている木造の旧校舎に閉じ込められた少年・少女たち。彼らはそこでかねてから出ると噂されていたお化けたちと遭遇し恐怖体験をするのだった・・・ >>続きを読む