最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 粟田麗

白夜行


評価 1 件、 1

人間ではない。純粋な憎しみが、そこにいる。

密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は容疑者の死亡によって一応解決を見る。しかし、担当刑事の笹垣だけは腑に落ちない。加害者の娘で、子供とは思えない美しさを放つ少女・雪穂と、被害者の息子で、どこか暗い目をした物静かな少年・亮司の姿がいつまでも目蓋の裏を去らないのだ。やがて、成長した二人の周辺で不可解な事件が立て続けに起り、意外な関係が姿を現し始める…。 >>続きを読む


洋菓子店コアンドル


評価 1 件、 5

そのケーキは、みんなを幸せにする どんな人でも“笑顔”に変える

映画「洋菓子店コアンドル」の主演は、初競演となる日本映画界を代表する2人の俳優、江口洋介と蒼井優。そして、いつの時代も女性たちを魅了し続ける“宝石のようなスイーツ”の数々。監督は『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の俊英・深川栄洋。東京の街角にある洋菓子店で繰り広げられるキュートで切ないオリジナル・ストーリー。悲しみを乗り越えること、夢を諦めないこと、人生を楽しむことの大切さを瑞々しく描く、 >>続きを読む


夕凪の街 桜の国


評価 件、

あらすじ・解説:爆投下から十三年が経過した広島の街。そこに暮らす平野皆実は、会社の同僚・打越から愛を告白される。しかし彼女には家族の命を奪い、自分が生き残った被爆体験が深い心の傷になっていた。その彼女の想いを打越は優しく包み込むが、やがて皆実には原爆症の症状が現れ始める・・・。それから半世紀後。現代の東京に暮らす皆実の弟・旭は、家族に黙って広島への旅に出る。その父を心配する娘の七波は旭の後を追う内に、家族が >>続きを読む


ひまわり


評価 件、

?夏の陽射し、向日葵の種、金環触、どうしても顔の思い出せない少女・・・?

あらすじ・解説:海沿いにある故郷を離れ、東京で暮らす輝明は、何気なく見ていたニュースで小学校の時のクラスメイトだった真鍋朋美が海難事故で行方不明になったことを知る。しかも、その事故の少し前に留守中、彼女から電話があったというのだ。十年以上も音信不通で、もう顔もすぐには思い出せない少女。朋美は、どうして自分に電話をかけたのだろう・・・どこか草原のような場所・・・逆光で立つ少女の後ろで、 >>続きを読む


東京兄妹


評価 件、

あらすじ・解説:両親を早くに亡くした兄妹が、東京の小さな街で暮らしていた。兄には恋人がいるが、妹をひとり残したまま結婚に踏み切れずにいる。冷奴の好きな兄のため、近所の豆腐屋に買い物に行くことを日課とする妹。永遠に続くかと思われたふたりの日常は、妹に恋人ができたことで、いま変わろうとしていた・・・・。 >>続きを読む


真木栗ノ穴


評価 件、

深川栄洋と俳優・西島秀俊が誘う、日常の、その先にある「幻想の世界」

多くの熱狂的な深川フリークを生んだ前作「狼少女」の深川栄洋が新たに挑んだ幻想的世界、それが「真木栗ノ穴」だ。原作は、四谷ラウンド文学賞を受賞し、評論家に絶賛された女流作家・山本亜紀子による異色の小説「穴」。その独特な小説世界に鮮烈さとユーモア、匂い立つトロティシズムを加え、江戸川乱歩や夢野久作、京極夏彦を彷彿させる「昭和モダン」の薫りがたちこめる、摩訶不思議な魅惑の物語をつくりあげた。 >>続きを読む