孤高の作家・小川国夫の文学世界、初の映像化!

文学作品の映画化が相次ぐ今、“内向の世代”を代表する作家・小川国夫の作品をオムニバス映像化。創作の場として郷里・藤枝(静岡県)を選び、生涯そこを離れることなく、自作のテーマとスタイルを追求し続けた孤高の文士、小川国夫。その文体は、形容を極限まで抑制した言葉で構成され、時に難解であるが、同時に読む者を深淵なる言葉の世界へと邂逅させる。またそこに描かれる物語は、移りゆく時代を背景としながら、 >>続きを読む