最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 萩原聖人

プラチナデータ


評価 件、

それは明日かもしれない、近い将来の日本。

【プラチナデータ】から犯人を特定する最先端のDNA捜査が可能になり、検挙率100%、冤罪率0%の社会が訪れようとしていた。神楽龍平は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する、天才科学者。いくつもの難事件を解決してきた彼は、DNA捜査の重要関係者が殺される連続殺人事件を担当することに。しかし、わずかな証拠からDNA捜査システムが導き出した犯人は、なんと、神楽自身だった―― まったく身に覚えがない神楽は逃亡を決意。“追う者”だった神楽は自ら作り出したシステムによって“追われる者”に。 >>続きを読む


スープ・オペラ


評価 件、

大切にしたい人がいる。思いはいつも、つながっている。

30数年いっしょに暮らしていた叔母のトバちゃんが家を出て行き、ルイの心にぽっかりと穴があく。ある日へんなオジサン(トニーさん)が家にころがりこんでくる。さらに妙に明るい若者(康介)も同居することに。そしてルイの人生は輝きを増して、回転木馬のようにくるくる回り始める――。たとえかかわった時間が長くても短くても、恋人であってもなくっても、大切な人がいる。 >>続きを読む


BOX 袴田事件 命とは


評価 件、

苦悩する裁判官の姿を通し人を裁くことの困難と命の尊さを描いた傑作。

『BOX 袴田事件 命とは』のメガホンをとったのは、道元禅師を描いた『禅 ZEN』(08)をはじめ、『光の雨』(01)、『愛の新世界』(94)、『TATOO< 刺青>あり』(82)で知られる高橋伴明監督。監督は、「裁判員制度が始まって、まず思ったのは人を裁くことの重さということです。」、「もし間違いが冤罪につながり、ひとりの人生を奪ったとしたら、それはとりかえしのつかない罪であり、科した刑以上の量刑をその人は負うべきでしょう。そんな思いを >>続きを読む


引き出しの中のラブレター


評価 件、

ラジオから届く声が、日本中の人々に温かい感動を運びます。

便利さの追求が進む中で、ひと手間を加えた“手紙”や、人と人とが一対一で向き合う“ラジオ”を通じて、想いを伝える良さを、この映画でもう一度振り返ってもらえればと考えています。オリジナル作品である本作は、スタッフやキャストが心の中にしまったそれぞれの“想い”を結集していくことで誕生した。監督は、「金八先生」や「花より男子」を始めテレビドラマの演出/プロデューサーを務め、08年には大ヒット映画「花より男子ファイナル」のプロデューサーも >>続きを読む


バッテリー


評価 件、

あらすじ・解説:原田巧は、中学入学を控えた春休み、岡山県に家族で引越してくる。巧はピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に他人を寄せ付けない孤独な面を持っている。家族には病弱な弟・青波、青波をいたわるあまり巧に冷たくあたってしまう母・真紀子。野球にあまり関心のない父・広、そして甲子園出場校の有名監督だった祖父の洋三。温かい家族でさえ、巧の孤独な面に対する接し方に迷う時があった。巧はそこで、同級生・永倉豪と出会う。 >>続きを読む


いけちゃんとぼく


評価 件、

大人になったあなたに贈る、珠玉の愛のものがたり

文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、手塚治虫文化賞短編賞を受賞している、「ぼくんち」「毎日かあさん」の西原理恵子が、“初めて描いた絵本”である、「いけちゃんとぼく」が待望の映画化!「ぼく」であるヨシオのそばにいつも一緒にいる不思議な生き物“いけちゃん”は、原作絵本からイメージされる質感やテイストを生かしつつ、フルCGで新たに実写映画として生まれ変わる。かわいくて、不思議で、色や形や大きささえも変幻自在な“いけちゃん”。 >>続きを読む


相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿


評価 件、

大人気刑事ドラマ、シリーズ初となるスピンオフムービーが誕生!

爆破テロ犯を追う顔認証システムで、マラソンの映像をサーチしていた米沢は、そこに元妻・知子の姿を見つけ驚愕する。彼女は数年前、離婚届を残して米沢の前から姿を消していたのだ。翌日、知子の死体が発見されるが、彼女は妻とは別人だった。ほっとする米沢だったが、証拠不十分なままの早すぎる自殺の結論に疑問を持った彼は、同じく異を唱える彼女の元夫で所轄の刑事・相原とともに、極秘捜査を開始する。 >>続きを読む


ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌


評価 件、

全世代待望の「新たな鬼太郎物語」

鬼太郎を演じるのは、妖しくも儚い鬼太郎像を見事に作り上げたウエンツ瑛士。また、猫娘=田中麗奈、ねずみ男=大泉洋、子なき爺=間寛平、砂かけ婆=室井滋、目玉おやじ(声)=田の中勇・・・と、超豪華メンバーが再結集!そして、千年の呪いに立ち向かう女子高生・楓役に北乃きい、鬼太郎に過酷な運命をつきつける宿敵、大妖怪・ぬらりひょんに緒形拳、人間と恋に落ちた妖怪・濡れ女に寺島しのぶ、さらに佐野史郎、笹野高史、萩原聖人ら >>続きを読む


カメレオン


評価 件、

危険な顔が覗くクールでミステリアスな新たなるヒーローが正体不明の組織に追われ、スタイリッシュで壮絶なクライマックスに痺れる、究極のクライムアクション、ここに誕生!!

ミステリアスな主人公・伍郎役には、大ヒットシリーズ「デスノート」以来の主演作となる藤原竜也。映画「バトル・ロワイヤル」や舞台「身毒丸」「かもめ」等、多数の作品に出演し映画、TV、舞台を問わず活躍している。監督には、デビュー作の「どついたるねん」で鮮烈なデビューを飾った阪本順治。男の美学から女性の内面までを描き出す作品で大反響を得ており、近作では「顔」、「亡国のイージス」、「魂萌え!」など。 >>続きを読む