最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 袴田吉彦

極道の妻たち Neo


評価 件、

妻(おんな)から妻(つま)へ――。黒谷友香を主演に迎え、新たな<極妻>伝説がここに始まる。

あの《極妻》が帰ってきた。家田荘子渾身のルポルタージュ「極道の妻(つま)たち」を原作とし、映画『極道の妻(おんな)たち』は製作された。記念すべき第1作の主演は岩下志麻。五社英雄が監督を務め、1986年に公開されるや爆発的なヒットを記録。大きな話題を呼び、翌1987年には『極道の妻たちII』、1989年に『極道の妻たち 三代目姐』など次々と続編が製作されることになった。岩下志麻、十朱幸代、三田佳子、高島礼子といった大女優たちが主役を演じ、不動の人気シリーズに成長。ここまでのシリーズ累計製作本数、実に15本。累計観客動員数は670万人を突破。ビデオ・DVDなどのソフト販売本数も合計70万枚を突破している。過去最終作が作られた2005年から8年。 >>続きを読む


利休にたずねよ


評価 件、

海老蔵演じる、全く新しい利休。

利休の茶は、若き日の恋から始まった―。原作は、確かな時代考証に基づく斬新な切り口で、希代の茶人の出発点を浮き彫りにした、山本兼一の「利休にたずねよ」。もはや歴史小説の枠を超え、第140回直木賞を受賞した傑作が今、長編映画として新たな生命を宿す。主人公・千利休を演じるのは市川海老蔵。離宮を見守り、寄り添う妻・宗恩には中谷美紀。利休に惚れ込む戦国の覇者・織田信長に伊勢谷友介。そして利休へ愛憎をめぐらせる天下人・豊臣秀吉に大森南朋。“人間・利休”がのこした謎と、生涯にわたり秘め続けた恋。これは、美の本質に迫る極上のミステリーにして、究極のラブストーリーである。 >>続きを読む


アナザー Another


評価 件、

美しき謎に満ちた究極の学園ホラー解禁。

「ミステリが読みたい!」第1位・「このミステリーがすごい!」第3位など数々のミステリーランキングで絶賛され、カリスマ的な人気を博している、綾辻行人の傑作ミステリーホラー小説がコミック化・アニメ化を経て、遂に禁断の実写映画化を果たします。転校生のクラスで起こる謎めいた死の連鎖に巻き込まれる中学生と、その謎の鍵となる眼帯の美少女をめぐる、謎が謎を呼ぶ恐怖と複雑なルール設定、そして衝撃の結末が全く新たな形で映像化されます。監督は『今日、恋をはじめます』の公開も控えている新進気鋭の鬼才・古澤健。主演は数多くの映画に出演の続く期待の新星・山崎賢人と橋本愛。主題歌はティーンを中心に絶大な支持を得ている加藤ミリヤ。 >>続きを読む


聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実


評価 1 件、 2

日米開戦70年、魂を揺さぶる揺さぶる衝撃の歴史超大作!

1941年(昭和16年)12月8日。その日、日本海軍による歴史に残る一大奇襲作戦、ハワイ真珠湾攻撃は決行された。作戦を立案し、指揮を執った男――聯合艦隊司令長官 山本五十六。日本が国を挙げてアメリカとの戦争に舵を切る中、命を賭して開戦に反対し続けた彼が、何故自ら真珠湾奇襲作戦により、日米開戦の火ぶたを切らねばならなかったのか?確固たる信念でこの国の未来を見据え、家族を愛し、故郷長岡を愛し、日本を愛した山本五十六。その知られざる「真実」を半藤一利 監修のもと、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ブーゲンビル島上空での非業の死まで、新たなる歴史観でダイナミックに描く超大作。 >>続きを読む


ごくつま刑事


評価 5 件、 2.8

極妻が、警視庁の隠密捜査官に!?女が背負った代紋2つ!!

京極さくらは、公休クラブ「京桜」のママで黒不二組若頭京極龍一の妻であり、警視総監直轄警視庁統計課特別室室長付きの隠密捜査官でもある。同室長の天神恭一は、さくらの義侠心とクラブのママ、極道の妻としてネットワークを利用する為、夫の刑期短縮を餌に特別捜査官をさせる。事件は、新生の麻薬取引に関する組織の捜査のため、天神が送り込んだスパイが虐殺されてしまったことに始まる。警察内部に蜜通者がいるらしいとのことで、新しいS(スパイ)が必要となり、その矛先が >>続きを読む


蒼き狼 地果て海尽きるまで


評価 件、

あらすじ・解説:出生の秘密にまつわる苦悩、生涯の友情を誓った友との戦い、略奪された妻との葛藤、そして、同じ宿命を背負った息子への愛と憎しみ―なぜ生まれた?なぜ愛した?そして、なぜ憎まなければならないのか?壮絶な戦いの果てに、男が見たものとは―私はあなたの子として死ねるでしょうか? >>続きを読む


ミッドナイトイーグル


評価 件、

あらすじ・解説:かつて世界中の戦場を駆け巡り、生と死の現実を撮り続けたカメラマン・西崎優二は、戦火の中で彼を襲ったある出来事により、カメラを置く。深く心に傷を負い帰国した西崎を支える妻、志津子。だが彼女もまた、病のためこの世を去る。自らを責め続ける西崎。今は雪山に一人こもり、星空にシャッターを切るだけの日々だった。ある夜、空に向けたそのカメラの先に、轟音と共に駆け抜けていく赤い光があった。反射的にシャッターを切る西崎。 >>続きを読む


明日の記憶


評価 件、

「…あなたと、います」夫婦の愛と絆。心に響く物語。

広告代理店の仕事にも脂が乗り、家庭円満、一人娘は結婚間近と、今まさに人生の主人公・佐伯雅行を演じるのは『ラスト サムライ』『バットマン ビギンズ』『SAYURI』と世界へと活躍の場を広げる渡辺謙。ハリウッド滞在中に原作と出会い、是非映像化したいと願い出た熱い思いがこもる本作は、渡辺にとって映画初主演作となる。そして、夫の病が判明してからも健気に夫を支えつづける妻・枝実子には、『阿弥陀堂だより』で演じた清らかな夫婦像が高く評価された樋口可南子。原作は第18回山本周五郎賞を受賞し、2005年<本屋大賞>の第2位に輝く荻原浩の傑作長編『明日の記憶』(光文社刊)。 >>続きを読む


Life 天国で君に逢えたら


評価 件、

あらすじ・解説:日本人で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けた世界的プロウインドサーファー。世界大会を転戦し、数々の入賞経験を持つ。しかし、活躍の最中、2002年5月、肝細胞ガンと診断される。その後、うつ病とパニック症候群を併発。家族と友人の励ましにより、ほぼ克服したが、二度の大手術と様々な治療をしたにも関わらず、病状は悪化。2004年5月、余命三ヶ月の宣告を受ける。この余命宣言と前後して、飯島は小説を書き始める。 >>続きを読む


静かなるドン


評価 件、

あの『静ドン』が劇場版にスケールアップして帰って来た!!

今年、創刊50周年を迎えた週刊漫画サンデー誌上で連載中の、累計売上4200万部を誇る人気コミック「静かなるドン」が、連載1000回突破を記念して完全映画化。91年?のオリジナルビデオ版、94年放送開始のテレビドラマ版等、度々映像化されてきた「静ドン」の劇場版リメイクに挑んだのは『ガチバン』シリーズでアクションに定評のある城定秀夫監督。そして“ドン”役に挑んだのは、映画、ドラマ、CMと幅広く活躍する袴田吉彦。 >>続きを読む


ひまわり


評価 件、

?夏の陽射し、向日葵の種、金環触、どうしても顔の思い出せない少女・・・?

あらすじ・解説:海沿いにある故郷を離れ、東京で暮らす輝明は、何気なく見ていたニュースで小学校の時のクラスメイトだった真鍋朋美が海難事故で行方不明になったことを知る。しかも、その事故の少し前に留守中、彼女から電話があったというのだ。十年以上も音信不通で、もう顔もすぐには思い出せない少女。朋美は、どうして自分に電話をかけたのだろう・・・どこか草原のような場所・・・逆光で立つ少女の後ろで、 >>続きを読む


湾岸ミッドナイト THE MOVIE


評価 件、

スピードオーバーの高速バトル― クラッシュを恐れない選ばれし男たちのみぞ知る世界

講談社「ヤングマガジン」連載、累計発行部数1700万部突破―プレイステーション2・3、PSP、アーケードゲーム、DVD、TVアニメ そしてついに実写映画化!“悪魔のZ”の日本侵食は留まることを知らない。 >>続きを読む


わたし出すわ


評価 件、

“お金の使い方”を通して見えてくる“明日の幸せのつかみ方”!!

人は「お金」を使っているのか?はたまた「お金」に使われているのか?世界的経済不況のいま、本来ツールであるはずの「お金」が、ともすれば人生の目的そのものになりかねない。常に時代を捉えてきた森田監督の今度のモティーフは、「お金」の使い方。そこから浮かび上がる人間性、人と人との関係性を描き出す。摩耶が差し出すお金をつい受け取ってしまう友人たちは、その大金をどう使っていくのか。彼らに、そして摩耶に、一体何が残るのだろうか・・・。 >>続きを読む


Quarter


評価 2 件、 5

忘れかけていた、あの頃の“想い”見つけ出す心のピース・・・。

人生って何だろう?職業、年齢、老若男女を問わず、誰もが一度は考えたことのある普遍的なテーマ。何の不安も持たず毎日遊び・笑い・夢描いていた幼い頃。それからわずか数年・・・学校を卒業し故郷を離れ、日々の生活に流されていくうちに見失っていたあの頃の想い。そんな、“自分探し”というストーリーを、ニューヨーク・フィルム・アカデミー在学中に「Reviving Vincent」でニューヨーク・インディペンデント・フィルム&ビデオフェスティバ入選をはじめ >>続きを読む


ごくせん THE MOVIE


評価 件、

伝説のTVドラマシリーズ、《最初で最後の》映画化!! ごくせん7年間の集大成、ヤンクミ“最後の勇姿”。

伝説のTVドラマシリーズ「ごくせん」が、日本中のファンの声に後押しされ、満を持して《最初で最後の》映画化。ヤンクミと3Dの生徒たちの物語はもちろん、第2シリーズ卒業生の亀梨和也演じる小田切竜が、なんと教師を目指す教育実習生としてヤンクミの前に現れる!さらに、あの伝説の卒業生たちもスクリーンに大集結!!TVドラマシリーズ7年間の集大成、そして最後を飾る完結篇として、シリーズの >>続きを読む