最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 鈴木卓爾

ナイン・ソウルズ


評価 件、

男たちはもがき、女たちは見届ける。故・原田芳雄主演、今では考えられない個性派アンサンブルキャストの集結。

『ポルノスター』(1998年)、『青い春』(2001年)、『空中庭園』(2005年)、そして今年『モンスターズクラブ』、『I’M FLASH!』と2本の話題作を送り出す豊田監督は、常に、社会にはびこる閉塞感を敏感に捉え、あたたかなユーモアと鋭利な視線、そして鮮烈なメッセージと共に弱き者たちを描き出す。9年ぶりにリバイバル公開される本作『ナイン・ソウルズ』は、2012年の我々に問いかける。わずかな夢とささやかな幸せを願う人間同士が集まった時、強い絆は生まれ、奇跡は起きるのか。本作は、多くのものを失ってしまった今では描けない、 >>続きを読む


ヴァージン


評価 件、

“ロスト・バージン”をテーマにしたオムニバス映画

注目の新鋭監督たちが描く3つの世代。10代・20代・30代のロストバージンを通して、それぞれの生きざまを真剣に描いた作品。 >>続きを読む


ひみつの花園


評価 件、

あらすじ・解説:とにもかくにもお金が大好きな咲子(西田尚美)は、それが高じて銀行に就職。そこに銀行強盗が押し入り、咲子は人質となるが、犯人は富士の樹海で爆死。奇跡の生還を遂げた咲子は、5億円を入れたまま樹海の池に沈んだスーツケースを引き上げるべく、銀行を辞めて暗躍を始める。『ウォーター・ボーイズ』の矢口史靖監督の第2作。ヒロインのお金に対する並々ならぬ執着が、もはや異様を通り越してチャーミングに >>続きを読む


裸足のピクニック


評価 件、

あらすじ・解説:『アドレナリンドライブ』の矢口史靖監督のデビュー作となる、運からまったく見放された女性の姿をテンポよく描いた、ブラックユーモア満載のドラマティックムービー。女子高校生がキセル乗車の発覚をきっかけに、次から次へと不幸に見舞われていく。 >>続きを読む


CUT


評価 件、

数々の名作に彩られた映画愛溢れる『CUT』が現在の映画界に一石を投じる!

第68回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門のオープニング作品としてワールド・プレミア上映され、10分間のスタンディングオベーションで熱狂的に迎えられた『CUT』。主演の西島秀俊は「満席のお客さんに受け入れてもらえて感無量」と感慨を隠さず、常盤貴子も「賛辞の言葉をいただけ、本当にうれしい」と喜びを語った。メディアも『CUT』の熱気に注目し、賞賛記事が並ぶとともに“映画の真実”を問う本作の内容に論議を呼び話題となった。小津安二郎、溝口健二、新藤兼人、黒澤明 >>続きを読む


嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん


評価 1 件、 5

大胆にキュートx愛らしくポップxシニカルで残酷。嘘から始まる壊れた青春ラブストーリー

“みーま”の略称で愛される累計100万部突破の大ヒット作が、ついに実写映画化!!奇妙でシニカルな青春群像を描く作家・入間人間のデビュー作の映画化!独特の文体で“空気感”を表現した小説の映像化に挑戦したのは、新鋭・瀬田なつき。主役のふたりには、人気急上昇中の若手俳優、大政絢と染谷将太。瑞々しい彼らの演技に入り混じる清純と狂気。これは、運命とさえ呼べるほどの、必然的なコラボレーション!次世代の若き才能が、スクリーンに鮮やかに浮かびあがる。 >>続きを読む


ゲゲゲの女房


評価 3 件、 1

「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親・水木しげるの妻・布枝が綴る自伝エッセイ「ゲゲゲの女房」、待望の映画化。

貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った「ゲゲゲの女房」は、水木しげるの妻・布枝が綴る自伝エッセイ。しげるの妻・布枝を演じたのは、高い演技力を評価される吹石一恵。昭和の貧しい時代にたくましく生きる姿を瑞々しく凛と演じきった。鬼才として名を馳せる水木しげるに扮したのは、舞台、映画、ドラマで脚本家、演出家としても活躍し続けている宮藤官九郎。飄々と漫画を描き続けるその佇まいも、宮藤と水木しげるが同じ“物を創る人間”だからこそ >>続きを読む


ざわざわ下北沢


評価 件、

最初で最後の顔合わせ!?贅沢、奇跡のキャスティング!!

あらすじ・解説:東京は下北沢で生まれ育った20歳の娘・有希。彼女は現在でも地元下北沢の駅にぴったり張り付いたようなカフェでアルバイトをしていた。役者の九四郎、恋人の達也、芸術家、謎の男・石田、彼を追う私服警官・・・。このざわざわとした街で何かが起り始めていた。そして、次第に有希は何故かこの街の持つ雰囲気に、違和感を感じ始める。 >>続きを読む


蘇りの血


評価 件、

『空中庭園』から4年―― 待望の豊田利晃監督最新作、遂に誕生。ダイナミックかつ繊細に描かれた、人間の再生と愛の始まりの物語。

監督デビュー作『ポルノスター』からその年の映画賞を総ナメにした『空中庭園』まで、その揺るぎない個性で日本のみならず、世界でも新作を熱望される監督、豊田利晃。『空中庭園』以来、4年振りとなる監督最新作は歌舞伎や浄瑠璃の演目にもなっている説話“小栗判官”をモチーフにした寓話の世界。豊田自身が、紀州・熊野に旅をしていた道中に出会った『蘇生の湯』と伝えられるつぼ湯。その温泉につかって不治の病を >>続きを読む


トキワ荘の青春


評価 件、

あらすじ・解説:今から40年くらい前、東京の片隅のアパートに手塚治虫に憧れる漫画家志望の若者たちが一緒に暮らしていた。彼らはみんな貧乏で食べ物にも困るような生活を送っていたけれど、漫画家への情熱があったから、そんなことは平気。ただ漫画を描きたい、その情熱で昼も夜も漫画を描き続け、そして彼らの中から誰もが知っているたくさんの作品が生まれていった。 >>続きを読む


呪怨 白い老女


評価 件、

伝説の恐怖ふたたび!あの「呪怨」が、さらに恐ろしさを増して復活!!

口コミで「とにかく怖い・・・!」「一生のトラウマになった!」と、その問答無用の恐怖描写で評判になり、今や伝説と化したビデオ版「呪怨」。その製作から10周年となる今年、「呪怨」の生みの親である清水崇×一瀬隆重の手によって、原点の恐怖に回帰した新たな「呪怨」が誕生した!両氏の“呪い”を受け継いだ2本の映画「呪怨 白い老女」「呪怨 黒い少女」がそれだ。10年もの間、日本のみならず全世界の人々に >>続きを読む


のんちゃんのり弁


評価 件、

圧倒的演技!小西真奈美×各賞受賞緒方明監督が生み出す人間ドラマ

モントリオール世界映画祭他、国内外で数々の賞を受賞した『いつか読書する日』から4年。緒方明監督待望の新作は、人気コミック「のんちゃんのり弁」(講談社「モーニングKC」所載)を原作に、人間のひたむきさ、可笑しさ、愛しさを見事に描き出した物語。今回主人公を演じるのは、映画、テレビ、CMなど幅広く活躍する実力派女優・小西真奈美。下町育ちの向こう見ずな子持ち女子というはっちゃけキャラを見事に演じ、圧倒的な存在感で新境地を切り開く。 >>続きを読む


私は猫ストーカー


評価 件、

人も猫も、みんないつかはいなくなってしまうから、どんなに愛しくても、ふれあえる時間は、ほんのわずかなのです。

人間って、どうしてこうなんだろう?猫を追いかけて町を行けば、猫を取り巻く人々の心情も見えてきます。でも、人も猫もみんないつかはいなくなってしまいます。どんなに愛しくても、ふれあえる時間は、ほんのわずかなのです。古本と猫に心を躍らすイラストレーター浅生ハルミンの同名エッセイを原作に、、ハルと、彼女を取り巻く面倒臭くも愛おしい人々、そして、すれ違う猫たちとの姿を描いたユーモラスでちょっぴり切ない傑作が生まれました。 >>続きを読む


容疑者Xの献身


評価 1 件、 4

福山雅治、映画初主演。「ガリレオ」シリーズ最新作、直木賞受賞【容疑者Xの献身】が、遂にスクリーンに登場!

2007年オンエアされたドラマ「ガリレオ」。福山演じる主人公・天才物理学者“ガリレオ”こと湯川学が新人刑事・内海薫の依頼を受け、普通ではありえない難事件を徹底した科学的視点によって次々に解明するストーリーが支持を受けた。更に、東野圭吾の直木賞受賞「ガリレオ」シリーズ最新作【容疑者Xの献身】が、ドラマ放送と同時に映画化企画として進行。ドラマ放送から1年となる今秋10月、遂にスクリーンに登場する。 >>続きを読む