最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 鈴木瑞穂

くじけないで


評価 件、

200万部のベストセラー詩集が感動の映画化!“90歳からの詩人”柴田トヨさんの物語

柴田トヨ 1911(明治44)年、栃木県に生まれる。裕福な米穀商の一人娘だったが幼い頃に家が傾き、自らも奉公に出て家計を支えるなど苦労を重ねながら明治、大正、昭和、平成と日本の激動の時代を見つめ続ける。33歳で結婚し、長男健一を授かる。健一の勧めで90歳を過ぎてから詩作を始める。98歳で出版した処女詩集『くじけないで』が、詩集としては極めて異例の168万部を超え、第二詩集『百歳』と合わせて累計200万部を超えるベストセラーとなる。詩集はスペイン、イタリア、オランダ、ドイツ、中国、韓国、台湾など海外でも翻訳・出版されている。読む者を常に勇気づける言葉を生み出しながら、2013年1月、101歳で天国に旅立った。 >>続きを読む


洋菓子店コアンドル


評価 1 件、 5

そのケーキは、みんなを幸せにする どんな人でも“笑顔”に変える

映画「洋菓子店コアンドル」の主演は、初競演となる日本映画界を代表する2人の俳優、江口洋介と蒼井優。そして、いつの時代も女性たちを魅了し続ける“宝石のようなスイーツ”の数々。監督は『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の俊英・深川栄洋。東京の街角にある洋菓子店で繰り広げられるキュートで切ないオリジナル・ストーリー。悲しみを乗り越えること、夢を諦めないこと、人生を楽しむことの大切さを瑞々しく描く、 >>続きを読む


真夏のオリオン


評価 1 件、 5

「亡国のイージス」「ローレライ」の福井晴敏が4年の沈黙を破って放つ、第二次世界大戦末期、生きる希望を描いた一大エンタテインメント、誕生。

監督は『地下鉄に乗って』『山桜』『深呼吸の必要』など、優れた人間ドラマの演出に定評のある篠原哲雄。緊迫感溢れるドラマを引き立てるサウンドトラック&主題歌を『レッドクリフ』シリーズなど世界で活躍するコンポーザー・岩代太郎が手がける。満を持してのデビューとなるいつかの「願い星?I wish upon a star?」は、観るものの心を昇華させることとなるだろう。今日、考え得る最高の布陣が揃い、『真夏のオリオン』は遂にスクリーンという >>続きを読む