最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 高橋惠子

図鑑に載ってない虫


評価 件、

謎の“死にモドキ”を探す三人の、命懸けの旅が始まる。

2005年、『イン・ザ・プール』『亀は意外と速く泳ぐ』で映画界に“脱力系”ブームを巻き起こし!2006年、深夜ドラマ「時効警察」で超高視聴率を記録した!あの“小ネタの鬼才”三木聡、待望作!!謎の“死にモドキ”を探す三人の、命懸けの旅が始める。鬼才・三木聡が放つドライブ感たっぷりのマジカルサスペンス! >>続きを読む


二流小説家 シリアリスト


評価 件、

全米を欺いた史上初の三冠海外ミステリ、衝撃の映画化!!

「このミステリーがすごい!2012年版(海外編)第一位」、「週刊文春ミステリーベスト10 2011年(海外部門)第一位」、「ミステリが読みたい!2012年版(海外篇)第一位」という、海外ミステリー部門として初の三冠達成に輝いた、デイヴィッド・ゴードン著「二流小説家」。ミステリー史に輝く数々の名作――「羊たちの沈黙」「ミザリー」「ボーン・コレクター」「ダ・ヴィンチ・コード」……といった名だたる作品が成し得なかった三冠を獲得した話題作だ。さらに、デビュー作であるにもかかわらず、ミステリー&サスペンス小説の賞としてもっとも歴史と権威のあるアメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞ノミネートも手にした未曾有の傑作。そんな世界が注目する新時代ミステリー小説が、この夏、日本映画としてスクリーンに登場する! >>続きを読む


俺俺


評価 件、

「時効警察」の三木聡×33人の亀梨和也“映像化不可能”な衝撃の原作を映画化

第5回大江健三郎賞受賞の星野智幸による超リアル不条理小説『俺俺』(新潮社刊)。“俺”が増殖した世界を映像化し、脚本も手がけたのはTVドラマ『時効警察』『熱海の捜査官』、映画『転々』『インスタント沼』などの三木聡。主人公の周囲で次々に起こる先読み不可能な出来事をサスペンスフルに加速させ観る者を巻き込んでいく!そして前代未聞の主人公“33人の俺”に挑んだのは亀梨和也。どこにでもいる若者・均と大樹、ナオの3人を中心に多様な“俺”を繊細かつ豊かな表現で演じ分け、役者としての新境地を開拓する。 実力&個性を兼ね備えた俳優陣が濃ゆいキャラクターに扮する! ミステリアスなヒロインに内田有紀、イヤミな上司に加瀬亮。 >>続きを読む


カミハテ商店


評価 件、

高橋惠子23年振りの主演作品

60才の主人公森田千代を演じるのは、『花物語』以来、23年振りの映画主演となる高橋惠子。都会で暮らすその弟良雄に寺島進。この二人を取り巻く様々な人々の“生と死”の物語である。監督は、実家に暮らす祖母を追ったドキュメンタリー映画『ツヒノスミカ』が、2008年スペインの国際映画祭において最優秀監督賞(ジャン。ヴィゴ賞)を受賞するなど内外で高く評価された山本起也。劇映画デビューとなる本作『カミハテ商店』でも、世界三大映画祭に並ぶ存在としてヨーロッパで認められている、チェコのカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭メインコンペティション部門に見事招待される快挙となった。 >>続きを読む


ホームカミング


評価 件、

「金曜日の妻たちへ」「ウルトラマン」の飯島敏宏監督が贈る笑いと涙たっぷりのほっこり人情喜劇。

平成の喜劇王・高田純次、映画初主演!監督は、社会現象を巻き起こした人気ドラマ「金曜日の妻たちへ」や「理想の生活」、そして「ウルトラマン」「ウルトラセブン」など特撮作品も手掛けるヒットメーカー飯島敏宏。個性的&実力派の俳優陣、そしてお茶の間を、映画館をつねに笑いと涙で満たしてくれた製作陣が愛情込めて贈る、 元気と心にジーンと響く感動を与えてくれるエンターテインメントが誕生した! >>続きを読む


8月のシンフォニー ―渋谷2002?2003


評価 件、

川嶋あいのキセキの裏に隠された、母と娘の感動の物語・・・

“路上の天使”と呼ばれたシンガーソングライター・川嶋あい。彼女は「1000回の路上ライブ」、「手作りでのCD販売5000枚」、「渋谷公会堂でのライブ」と、3つの大きな目標を掲げ、渋谷での路上ライブをベースに活動をしていた。生い立ちや、本格デビューするまでの道のりは「本当?作り話じゃないの?」と耳を疑いたくなるようなストーリーだ。その川嶋あいの手記「最後の言葉」をもとに、彼女を見出した青年社長や、サポートした >>続きを読む


ちゃんと伝える


評価 件、

父よりも短い余命宣告を受けた息子。究極の家族愛に、心、震える。

各国の主要映画祭で数々の賞を受賞し、『愛のむきだし』(08)では、ベルリン映画祭にて批評家連盟賞とカリガリ賞をW受賞した園子温監督が、亡き父への思いをこめた渾身の最新作、『ちゃんと伝える』。命の期限と対峙する主人公・史郎を見事に演じきったのは、本作が映画初主演となるAKIRA。更に、厳格な態度で史郎を育てた父親・徹二には奥田瑛二(『GOEMON』(09))、常に温かく家族を見守る母親・いずみには高橋惠子(『ふみ子の海』(07))。 >>続きを読む


イエスタデイズ


評価 件、

信じられない出逢いの旅?、そしてあなたの探しているものがここにある

原作は「MISSING」「真夜中の五分前」など新世代の作家として、圧倒的な人気を誇る本多孝好の代表作。主人公・聡史を演じるのは映画・TVで活躍が続く塚本高史。父親役には実力派・國村隼を迎え、和田聰宏、原田夏希、そしてカンニング竹山、ベテラン女優の高橋惠子、風吹ジュンなど強力助演陣が脇を固めた。いま映画は新しいヒューマン・ファンタジーの世界を拓いた。
>>続きを読む