最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 高橋真唯

妖怪大戦争


評価 件、

あらすじ・解説:泣き虫でいじめられっ子の少年タダシは、ひょんなことから世界を守る正義の味方(麒麟送子)となり、日本全国の妖怪たちと力を合わせ世界の壊滅を目論む魔人加藤保憲率いる悪霊軍団に世紀の戦いを挑むことになった… 加藤保憲は強力な魔術を使い、人間から邪魔者扱いされた廃棄物の怨念を大怨霊として蘇らせ、捕獲した妖怪と混ぜ合わせ無敵の妖怪(機怪)を作り上げ戦い挑んでくる。最終決戦の舞台は首都・東京。果たして少年と120万匹の妖怪は世界を救うことができるのか? >>続きを読む


生きてるものはいないのか


評価 件、

世界が認める鬼才・石井聰亙改め石井岳龍10年ぶりの長編新作が遂に完成。演劇界の新鋭・前田司郎の傑作不条理劇「生きてるものはいないのか」を完全映画化

「狂い咲きサンダーロード」(80)、「爆裂都市 Burst City」(80)、「逆噴射家族」(84)、「ELECTRIC DRAGON 80000V」(01)などジャンルを超越した世界観で今なお、世界中で熱狂的な支持を受ける映画監督・石井岳龍。遂に「五条霊戦記 GOJOE」(00)以来、実に約10年ぶり、待望の劇場用長編新作が完成した。石井岳龍監督が題材に選んだのは32歳という若さでありながら劇作家として岸田戯曲賞を受賞、小説家として芥川賞候補作を持つ新鋭・前田司郎の傑作戯曲「生きてるものはいないのか」。怪しい都市伝説が囁かれるとある大学を舞台に次々と >>続きを読む


紙風船


評価 4 件、 4.25

現在(いま)、心に響く岸田國士が残した珠玉の台詞

大正から昭和にかけて活躍した劇作家、岸田國士。氏が残した数多くの作品群は小劇場作品から商業作品まで今なお多数上演、映画化されており人々の心をつかんで離さない。そして2011年、東京芸大生が氏の描く時を経ても変わらない“リアルな人間像”に共感し映画化を決定。時代を現代へと移し、鎌倉・江の島の美しい情景を舞台にそれぞれの運命が今幕を開ける! >>続きを読む


奇妙なサーカス


評価 件、

父に抱かれているとき、私の中に母が宿る。

あらすじ・解説:監督は『自殺サークル』『夢の中へ』など、常に実験的野心作を発表し、海外でも高い評価を得ている鬼才・園子温。主演は本作で女優復帰となる宮崎ますみ。罪深い“女の業”を情感豊かに、ときにエキセントリックに演じあげてゆくパフォーマンスが見ものだ。また脇を固めるのは『インディアン・サマー』で映画復帰した、いしだ壱成、『北の零年』のアイヌ人役で印象を残した大口広司、『妖怪大戦争』の川姫役で話題をさらった高橋真唯、名バイプレイヤー・田口トモロヲなど。 >>続きを読む


クワイエットルームにようこそ


評価 件、

目覚めたら、「そこ」にいた。

脚本・監督に、あらゆる分野で活躍する日本エンタテインメントのトップランナー松尾スズキ。第61回ヴェネチア国際映画祭に正式出品した初監督の『恋の門』から3年、待望の長編映画第2作は第134回芥川賞候補となった自身の同名原作。誰もが陥ってしまうかもしれない日常の中の非日常体験を描く、めくるめく絶望と再生の14日間。そして、松尾スズキのもとに日本映画界をリードする超豪華俳優陣が結集。仕事に恋に悩む、フリーライター明日香に内田有紀。明日香の同棲相手、放送作家の鉄雄に >>続きを読む


夕映え少女


評価 件、

あらすじ・解説:文豪・川端康成の初期短編集から、女性を描いた傑作4本を原作にし、オムニバス映画化。昭和10年前後?おりしも第二次大戦前夜にあった日本と、そこで繰り広げられた女たちの生き様が、“おんなごころ”をヒントに紐解かれる、レトロスペクタクルムービーが誕生した。キャストには山田麻衣子、韓英恵、高橋真唯、吉高由里子、波瑠、三村恭代らこれからの映画界を担う期待の若手女優、また柏原収史、高橋将、河合龍之介と今活躍する俳優が大集結 >>続きを読む


ストロベリーショートケイクス


評価 件、

あらすじ・解説:2年前の大失恋を乗り越えて逞しく生きる里子は“恋に恋する”日々を過ごすデリヘル店「ヘブンスゲイト」の電話番。デリヘル嬢の秋代はお金を貯めて5階以上の一人用マンションを購入し、ボケそうになったら飛び降り自殺をすることを決めている。それは決して叶うことのない菊池への想いを貫こうとする彼女の将来設計だった。プライドが高く、強く生きようとするがために過食と嘔吐を繰り返すイラストレーターの >>続きを読む


Booth ブース


評価 件、

あらすじ・解説:深夜ラジオ番組『東京ラブコレクション』の人気パーソナリティー、勝又真吾。その日、局の都合で急遽変更になったラジオ局のDJ ブースは、いわくつきのブースだった。そこは、開局当時、アナウンサーが怪死を遂げた場所なのだ。“許せない一言”をテーマにリスナーから恋愛相談の電話がかかり始め、真吾の生放送は、いつものようにスタートした。しかし。小学生の少女の悩みを聞いている真吾の耳に、いきなり怪しい女の声が聞こえてくる。 >>続きを読む


フィッシュストーリー


評価 件、

発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!

映像化不可能といわれた伊坂幸太郎の原作をもとに、口コミでロングラン上映を記録した映画『アヒルと鴨のコインロッカー』。次回作として伊坂幸太郎自ら中村義洋監督に映像化を託したのが『フィッシュストーリー』だ。「無関係に見えた出来事が、実はすべてつながっている」「音楽と物語が密接に関わり、重要な役割を果たす」という伊坂ワールドの魅力が詰まった短編が、映画ならではのオリジナルな結末でさらにパワーアップ!さらに進化した >>続きを読む