最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly
引き出しの中のラブレター

2009年09月25日 試写鑑賞

この映画「引き出しの中のラブレター」における“ラブレター”とは、“恋文”でなく“愛文”、恋人だけではなく、親愛なる人に、言葉に出来ず、心という引き出しに閉じ込めてしまった“愛文”。原作は新堂冬樹さんで、8月に公開された「ぼくとママの黄色い自転車」と同様、とても素敵なお話でした。物語は常盤貴子さん演じる >>続きを読む


今日からヒットマン

2009年09月25日 試写鑑賞

武田真治ファンにとって、とてもごきげんな映画だと思いました。優秀な営業マンとドジなヒットマンを演じる武田真治さんは、好青年でとてもカッコ良く、そしてコミカルな演技で楽しませてくれました。サラリーマンがひょんなきっかけでヒットマンになってしまうので、特にヒットマンとして鍛えられたわけではなく、 >>続きを読む


カイジ 人生逆転ゲーム

2009年09月24日 試写鑑賞

原作「カイジ」は独特の空気感がとても好きな作品で、映画化が決まって果たして、この空気感がどれくらい表現しきれるのか?を楽しみにしておりました。試写会で見た限り、この原作の持つ空気感は残念ながら私は感じることはできませんでしたが、「カイジ」の表面的な面白みは若干のストーリー構成を >>続きを読む


TAJOMARU

2009年09月09日 試写鑑賞

この映画「TAJOMARU」は、愛する人に対する男と女の想い、そして行動の違いが明確に描かれた作品でした。物語の表面では小栗旬さん演じる畠山直光は地位も名誉も何も望まない、柴本幸さん演じる阿古姫と暮らせれば良いという一途な想いをもっていたのですが、波乱によって男として本当に >>続きを読む


トキワ荘の青春

2009年09月04日 VHS鑑賞

この映画はトキワ荘に住んでいた漫画家たちのお話です。まず配役から説明させていただきますと、マンガ家の方々ですが寺田ヒロオ役が本木雅弘さん、赤塚不二夫役が大森嘉之さん、鈴木伸一役が生瀬勝久さん、森安直哉役が古田新太さん、安孫子素雄(藤子不二雄A)役が鈴木卓爾さん、 >>続きを読む


ドロップ

2009年08月29日 DVD鑑賞

「簡単に人は死なない…」 というセリフを吐きながら金属バットや鉄パイプ等の武器を使って喧嘩をする。この「簡単に人は死なない…」 というセリフが多用されているのですが、品川監督自身、このセリフに何か強い思いがあるからこそ、多用しているのか?このセリフの裏に「簡単に死んでしまうんだぞ…」という >>続きを読む


ハルフウェイ

2009年08月28日 DVD鑑賞

ハルフウェイって、そぉ?いう意味だったんだぁ?。ハーフウェイの読み間違い…。この映画「ハルフウェイ」、基本的には好みの映画です。岩井俊二さんプロデュースということもあって色合い、光の使い方、空気感…etc。プチ岩井俊二作品のような感じです。そして高校生の可愛らしさ、 >>続きを読む


女の子ものがたり

2009年08月28日 試写鑑賞

ともだちは選ばんといかんよ… なつみの母親のセリフが私の頭の中で繰り返され離れない、、、 その位、この映画「女の子ものがたり」において、このセリフはインパクトを感じます。ともだちって選んで付き合うものなのか?ともだち選びに果たして正解はあるのか?そして“幸せ”って、何なのか? >>続きを読む


ぼくとママの黄色い自転車

2009年08月17日 試写鑑賞

神奈川から小豆島。小豆島は岡山県と香川県の間あたりにある島。主人公は武井証くん演じる小学3年生の大志。すごいです。一人で自転車に乗って小豆島まで行ってしまうんですから。それも当初の予定では新幹線に乗って行く予定だったのが、大幅変更の無謀な旅になってしまったにも関わらず >>続きを読む


転校生 さよなら あなた

2009年08月13日 劇場鑑賞

尾美としのりさん、小林聡美さん出演の「転校生」(1982)のリメイク版なんですが、新しい「転校生」に生まれ変わっていました。サブタイトル部の内容が加わったことで内容的に広がりがあります。どちらが良いとか悪いとかでなく、これはこれって感じです。基本的な話は同じです。 >>続きを読む


転校生

2009年08月13日 DVD鑑賞

尾道三部作の1つ「転校生」は、大林監督作品の中でも私の好きな作品5本の指に入る1本です。邦画好きの方は、この「転校生」を好きな方は多いのではないでしょうか?尾美としのりさん演じる斉藤一夫と小林聡美さん演じる斉藤一美が階段から落ちて人物が入れ替わる >>続きを読む


22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語

2009年08月13日 東京国際映画祭鑑賞

第19回東京国際映画祭で鑑賞しました。当日は大林宣彦監督、筧利夫さん、清水美砂さん、鈴木聖奈さん、中村美玲さん、長門裕之さん、そして伊勢正三さんなどの舞台挨拶及びティーチインがありました。やはり大林監督のオーラはすごいですし仕切りもバツグンです。 >>続きを読む


その日のまえに

2009年08月13日 東京国際映画祭鑑賞

今作の「その日のまえに」も期待?を裏切らない、大林テイスト満載の作品でした。大林監督の作品を受け付けない方には今までの作品以上に受け入れがたい作風だと思います。しかし、この物語はさすが重松清さん原作だけあって、心にビシビシと突き刺さってきます。そして全ては >>続きを読む


少年メリケンサック

2009年08月13日 DVD鑑賞

この映画「少年メリケンサック」の面白さはキャストのイメージ破壊でした。少年メリケンサックのメンバー・アキオを演じた佐藤浩市さん。ジミー役の田口トモロヲさん、そして何と言っても栗田かんな役の宮崎あおいさんのイメージをここまで破壊したことは、 >>続きを読む


ノーボーイズ、ノークライ

2009年08月09日 試写鑑賞

この映画「ノーボーイズ、ノークライ」の最大の見所?は妻夫木聡さんとハ・ジョンウが「アジアの純真」をカラオケ大会で歌うシーン。しかも“フルコーラス”という両俳優ファンにとっては嬉しくもあり、私のように特にファンでない者にとっては、さすがに“フルコーラス”は長すぎた >>続きを読む