映画「 転校生 さよなら あなた 」の感想


2009年08月13日 劇場鑑賞

尾美としのりさん、小林聡美さん出演の「転校生」(1982)のリメイク版なんですが、新しい「転校生」に生まれ変わっていました。サブタイトル部の内容が加わったことで内容的に広がりがあります。どちらが良いとか悪いとかでなく、これはこれって感じです。基本的な話は同じです。但し入れ替わるきっかけが違います。そして舞台が尾道から長野に移っています。転校生は尾道から転校してくるという設定に思わずニヤっです(笑)

演出的にとても軽快なテンポです。セリフの言い回しは古い映画を見ているような感覚にさせられます。そしてカメラワークも躍動的に長野の町と登場人物たちを映し出しています。見る人によっては多少落ち着き無いカメラワークだと思いますし、演出も大林監督色が漂っているように思えます。ちょっと雰囲気が独特です。でも私はなんだか大林監督作品って妙に受け入れやすいんです。この雰囲気は好きなんです。

今回の転校生、現代の設定なんですが、長野の町とセリフの言い回し、登場人物のキャラこれらがとてもアンバランスです、違和感さえ感じます。現代なのか昔なのか?ここらへんと、何の根拠もないファンタジーな話ってことが受け入れられないと面白くないでしょう。そして前作では小林聡美さんの思いっきりのよい脱ぎっぷりを見せてくれたのですが、今回の主演の蓮佛美沙子さんの脱ぎっぷりを期待された方はちょっと期待を外すかも知れません。しかし、蓮佛美沙子さんの持つ雰囲気がとても良いです。脱ぎっぷりも悪くないのですが、それ以上に見せてくれるシーンは多々あります。とても良い女優さんだと思いました。小林聡美さんの転校生に負けていないと思います。

今回の話のキモはサブタイトル部。この物語は、身体が入れ替わったことによるドタバタが面白いのですが、それと同時に身体が入れ替わったことによる生きて行くことに対する不安などが描かれています。そして辛いことがあっても生きて行くことの大切さなども。その生きるということを、今回の作品では強く描かれている映画だと思います。
(2007.06.26)

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

映画 転校生 さよなら あなた 関連商品 

転校生 [DVD]

販売元:バップ( 2001-04-21 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 3,486 より )

Amazon価格:¥ 4,010

時間:140 分

1 枚組 ( DVD )


関連記事:

    None Found


《 関連作品 》