映画「 トキワ荘の青春 」の感想


2009年09月04日 VHS鑑賞

この映画はトキワ荘に住んでいた漫画家たちのお話です。まず配役から説明させていただきますと、マンガ家の方々ですが寺田ヒロオ役が本木雅弘さん、赤塚不二夫役が大森嘉之さん、鈴木伸一役が生瀬勝久さん、森安直哉役が古田新太さん、安孫子素雄(藤子不二雄A)役が鈴木卓爾さん、藤本弘(藤子・F・不二雄)役が阿部サダヲさんです。そして寺田ヒロオの兄さんが時任三郎さん、藤本の母役が桃井かおりさんです。この他にも柳ユーレイさん、きたろうさん、内田春菊さんも出演されています。「トキワ荘の青春」はマンガ家の方々の配役がわかれば、すんなりと見れてちょっぴりノスタルジィーにも浸れると思います。

私がこのマンガ家の方々を知ったのは、もう人気が出てアニメになっていました。白黒TVのブラウン管に映るオバQやニャロメなどが蘇ってきます。この映画で知ったマンガ家の方もいます。主人公の寺田ヒロオさんもこの映画を見るまで知りませんでした(^^;

物語は、このマンガ家たちがまだ売れない時に住んでいたトキワ荘での暮らしが中心に描かれています。このキャスティングを見るとドタバタコメディになりそうな面子なんですが、コメディ要素はなく、マンガ家たちが切磋琢磨して、苦しい時に助け合い、お互いの才能を認め合う姿が淡々と描かれています。

物語の中心は寺田ヒロオさんを中心に描かれています。寺田さんの人が良すぎる位の人間性の良さで、まわりのマンガ家たちも精神的、金銭的に救われて、それぞれが時代の波に売れっ子マンガ家になって行きます。寺田は自分の信念を持って漫画を描いているマンガ家。その信念が時代の波に乗り遅れることになります・・・

この寺田を演じている本木雅弘さんが静かな演技で人間味溢れる寺田ヒロオを演じています。市川監督の作品はセリフでなく、空気で伝えるような作品なので、演技力よりも俳優の方々がどのような空気を漂わせるかで作品の良さに大きく違ってくるのではないかと思っています。この「トキワ荘の青春」に出演されている方々は、そういった面でとても良い空気を漂わせていると思います。ただ本木さんがかっこよすぎて、あか抜けてないのが気になりますが・・・

映像面は色合いも良く、一見無駄と思われるような、例えばトキワ荘の階段を下から映し出す映像、それと上から映し出す映像も効果的だと思います。このような市川監督特有の映像や“間”が合わない方にとっては退屈かもしれませんが、私は市川監督作品の中ではお気に入りの1本です。
(2007.09.18)

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

映画 トキワ荘の青春 市川準監督 関連商品 

トキワ荘の青春 [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)( 2009-10-28 )

定価:¥ 3,990 ( 中古価格 ¥ 5,387 より )

Amazon価格:¥ 3,784

時間:153 分

1 枚組 ( DVD )



アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


東京マリーゴールド [DVD]

販売元:バンダイビジュアル( 2001-11-25 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 66 より )

Amazon価格:¥ 3,591

時間:97 分

1 枚組 ( DVD )


関連記事:

    None Found


《 関連作品 》