映画「 闇の子供たち 」の感想


2008年08月02日 劇場鑑賞

江口洋介さんの最近の出演作にあまり良い印象がありませんでしたが、ひさしぶりに良い作品に出演したなと思える映画でした。映画「闇の子供たち」ですが、阪本順次監督ならではの重みのある映画です。妻夫木聡さんが出演しているからとか、ザ・マジックアワーで好演した佐藤浩市さんが出ているからという理由で、この映画「闇の子供たち」を見るのもひとつのきっかけだと思います。そういうきっかけもこの映画の内容を知る重要な要素だと思います。が、内容は幼児売買、幼児売春、生きたままの幼児臓器移植など、舞台は日本でなくタイでの重いテーマの話なのです。
この話の実態は事実か否かということもとても気になるところではありますが、映画を見るうえでは、それよりも深く考えさせられる内容だと思います。

生活環境の悪い中で売春をさせられる幼児(売春は女の子だけではない)たち。買っているのは日本人を含めた外国人たち。映画の中で斡旋しているタイ人の男は“気色悪い日本人”と罵っています。このセリフはかなり衝撃的でした。物語の成り行き上、日本人へ向けたセリフとなっているのですが、日本人だけのことではないと思います。映画では幼児たちを買う者たちに対して、とても汚く醜い描写がされているのが特徴ですし、エイズ等の病気を抱えた幼児たちに対して売春行為をしようなんて思いたくなくなる描写です。
この幼児売春に絡めて物語は“臓器移植”に対しても鋭いテーマを投げかけてきます。もし自分の子供の命が臓器移植によって助かるのであれば…、、親なら誰しも悩み苦しむ問題が描かれています。舞台挨拶では臓器移植を行う子供の親を演じた佐藤浩市さんも、このテーマに関しては自信が無いとお話されていました。本当に難しい問題で一個人でなく社会的な問題でもあると思いますし、ひとことで答えが出せる内容ではないので映画でも明確なことは描かれていません。自分の子供の命、そして宮崎あおいさん演じるNGOの音羽のお互いの感情を激しくぶつけ合うシーンは深く考えさせられます。

このように出演者の方々の真剣な演技も見応えがあります。登場人物それぞれの立場の熱い憤りが描かれているのですが、妻夫木聡さん演じるフリーカメラマンの青年は他の登場人物とは違います。このカメラマンの青年に江口洋介さん演じる新聞記者・南部はフィルムに現実を写すことだけを望んでいます。それはスクリーンを見ている私たちにも目を背けないで欲しいと言っているようにも思えます…。

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

監督:阪本順治  脚本:阪本順治 原作:梁石日 【キャスト】 江口洋介 , 宮崎あおい , 妻夫木聡 , プラパドン・スワンバン, プライマー・ラッチャタ, 豊原功補 , 鈴木砂羽 , 塩見三省 , 佐藤浩市

GOEMON Ultimate BOX [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2009-10-09 )

定価: ( 中古価格 ¥ 2,180 より )

Amazon価格:¥ 1,969

時間:128 分

3 枚組 ( DVD )


関連記事:

    None Found


《 関連作品 》