映画「 MW-ムウ- 」の感想


2009年07月05日 劇場鑑賞

政治を絡めた物語のコンセプトはなかなか面白い映画だと思いました。ただコンセプトのスケールの大きさに反して、映画という短い時間枠の中で、いかに万人に受け入れやすく楽しませることが出来るか、映像面で工夫が施されていたと思います。スピード感もそこそこあり最後まで飽きることなく楽しめました。そしてこの映画「MW-ムウ-」で冷酷な男・結城美智雄を演じた玉木宏さんは役者として更に幅を広げられたのではないかと思います。

私は映画「MW-ムウ-」公開前のTVでやっていた「MW-ムウ- 第0章 ?悪魔のゲーム?」を途中から見たせいかまったく楽しめず意味不明のままだったので、あまり期待せず映画「MW-ムウ-」を鑑賞したのとエンターテインメント作品の一つだという意識でいたのが幸いしたのかごくごく普通に何も難しいことも考えることも無く楽しめました。逆を言えば深みが無い作りになってしまっているとも言えるかも知れません。映像テクニック面での工夫はされているのですが、説明など必要ないシーンや人物たちの背景の物足りなさ等バランスの悪さや、後半あまりにも唐突な展開の早さを少し感じたのが残念です。

今回、石橋凌さん、品川徹さん、鶴見辰吾さんも出演されていますが、それぞれ漂わせているムードは違っても貫禄はさすがです。それぞれ立場的には善でも刑事として、政治家として、秘書としての秘めている悪の部分の漂わせ方はベテランならではと感じました。玉木宏さんも一度は石井隆監督等の作品に出演されると“悪”のムードを更に高めることができるかも知れないですね(ありえないと思いますが(^^;)

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

氷壁 [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント( 2006-06-09 )

定価: ( 中古価格 ¥ 3,925 より )

時間:348 分

3 枚組 ( DVD )



殴者 [DVD]

販売元:メディアファクトリー( 2006-03-03 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 376 より )

時間:93 分

1 枚組 ( DVD )


関連記事:

    None Found


《 関連作品 》