映画「 蛇にピアス 」の感想


2009年07月12日 DVD鑑賞

私にとって、この映画「蛇にピアス」に登場する人物たちの生きている世界にはまったく興味も関心も憧れも感じない世界。顔中にピアス、そしてタトゥー、ましてやスプリット舌(タン)に至るまで、この価値観の違いが見所の一つかも知れない。自分の“居場所”を守ろうとする吉高由里子さん演じる主人公のルイ。居場所を守るため同じ浅はかな過ちを犯す。また居場所を守るのと同時に生きている実感を得るために何らかの“刺激”も求めている。誰しも何らかの“刺激”を欲しながら生きていると思いますが。ルイの求める刺激はピアスやタトゥ、スプリットタンへと向かってしまう。そして満たされているようで満たされない心の空洞らしきものを埋めるため酒に溺れ、そしてマンネリのセックスに溺れる日々。その姿を哀しくもまた愚かにもこの映画「蛇にピアス」で描かれていました。

リアルな映像に吉高由里子さんの体を張った演技には目を見張るものがあります。ただ少々希薄な三人の男女物語とワンパターンのセックスシーンには飽きを感じてしまいますが一般公開R-15指定ギリギリの描写ではないかと思いました。

それから特別出演の小栗旬さん、唐沢寿明さん、藤原竜也さんらはワンポイントの出演。普段ではあまり見れない役所です。あまり意味は感じませんが…。

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

蛇にピアス [DVD]

販売元:ポイントブレイクエンターテインメント( 2009-01-23 )

定価:¥ 4,104 ( 中古価格 ¥ 1,924 より )

Amazon価格:¥ 3,254

時間:123 分

1 枚組 ( DVD )



アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


吉高由里子 フォトエッセイ 吉高由里子のあいうえお

著者/訳者:吉高 由里子 大森 克己

出版社:リトル・モア( 2008-09-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,944

ペーパーバック ( 88 ページ )

ISBN-10 : 4898152465

ISBN-13 : 9784898152461


関連記事:

    None Found


《 関連作品 》