映画「 死にぞこないの青 」の感想


2008年08月27日 試写鑑賞

映画「死にぞこないの青」ですが、乙一さん原作の映画化で、これまでもいくつか乙一さん原作の映画化はされてきましたが、私はどの作品もお気に入りです。今回の「死にぞこないの青」は主役はベテラン子役の須賀健太さんで、乙一さん原作の作品は、この「死にぞこないの青」で2作目。1作目はオムニバスの「ZOO」に出演していました。そしてアオ役には大活躍中の谷村美月さん。今回は特殊メイクで役の幅を一層広げています。

この「死にぞこないの青」は表向きホラー色が強く感じるのですが、怖くないのでホラーが苦手の方でも大丈夫だと思います。作風は強烈なインパクトはありませんがじわりと心を味わえる作品でした。
谷村美月さん演じるアオは布に包まれ両手を縛られ、片目はつぶれ、口は半分縫い付けられて…、という何とも不気味な風貌なのですが、物語が進むにつれそれらが解き放たれて行きます。この様は多分、須賀健太さん演じるマサオの精神状態を描写しているものと思われます。マサオが物語りが進むにつれ精神的に強くなって行く姿とアオが青で無くなって行く姿がこの映画「死にぞこないの青」の面白い所でもあると思いました。

そして、この物語を見ていて強く感じたのは大人は、親は子供の心を、本心を聞き出しているだろうか?これは大人対子供に限らずだと思うのですが、いかに相手に本心を話させることが出来るか?というコミュニケーションに対して再度考えさせられる内容でした。マサオの周りの人とアオの存在を使って、巧く表現されていたと感じました。
マサオはアオと出会うことで精神的に強くなると同時に相手を“たてる”ということができるというのが最大の心の成長ではないかと思いました。

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


檸檬のころ [DVD]

販売元:バップ( 2007-09-27 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 625 より )

Amazon価格:¥ 3,399

時間:115 分

2 枚組 ( DVD )


関連記事:

    None Found


《 関連作品 》