映画「 ハチ公物語 」の感想


2007年03月05日 DVD鑑賞

ハチ公のことは、ほとんどの方がご存知だと思います。 私は上京したころ、渋谷で待ち合わせする時、ハチ公の銅像、それもシッポを触ってまってろ、という待ち合わせをさせられておりました(^^; そんな誰もが知っているハチ公の話ですが、純粋に涙がこみ上げてくる映画です。大筋がわかっていても、充分にハチの可愛らしさ、そしてハチを取り巻く人々の人情などが伝わってくる映画だと思います。そんな人情があふれる中でも、人間が生活する上で、どうしても共に生活ができない状況もあると思います。

この映画では決してハチに対して人間のわがままで捨てたということは描いてないと思います。ただ娘(石野真子さん)はわがまま娘でした(笑)ハチを取り巻く人々の愛情の度合いが良く表現されていて見ていて楽しめます。

動物と生活を共にするのは簡単ではないと思います。この「ハチ公物語」ではハチの一生を描いているのと同時に動物と生活を共にすることはどういうことか?ということも観ていて考えさせられる映画です。

詳細情報・あらすじ 感想・コメントを投稿する

関連記事:

    None Found


《 関連作品 》