最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など

Category: 試写鑑賞

引き出しの中のラブレター

2009年09月25日 試写鑑賞

この映画「引き出しの中のラブレター」における“ラブレター”とは、“恋文”でなく“愛文”、恋人だけではなく、親愛なる人に、言葉に出来ず、心という引き出しに閉じ込めてしまった“愛文”。原作は新堂冬樹さんで、8月に公開された「ぼくとママの黄色い自転車」と同様、とても素敵なお話でした。物語は常盤貴子さん演じる >>続きを読む


今日からヒットマン

2009年09月25日 試写鑑賞

武田真治ファンにとって、とてもごきげんな映画だと思いました。優秀な営業マンとドジなヒットマンを演じる武田真治さんは、好青年でとてもカッコ良く、そしてコミカルな演技で楽しませてくれました。サラリーマンがひょんなきっかけでヒットマンになってしまうので、特にヒットマンとして鍛えられたわけではなく、 >>続きを読む


カイジ 人生逆転ゲーム

2009年09月24日 試写鑑賞

原作「カイジ」は独特の空気感がとても好きな作品で、映画化が決まって果たして、この空気感がどれくらい表現しきれるのか?を楽しみにしておりました。試写会で見た限り、この原作の持つ空気感は残念ながら私は感じることはできませんでしたが、「カイジ」の表面的な面白みは若干のストーリー構成を >>続きを読む


TAJOMARU

2009年09月09日 試写鑑賞

この映画「TAJOMARU」は、愛する人に対する男と女の想い、そして行動の違いが明確に描かれた作品でした。物語の表面では小栗旬さん演じる畠山直光は地位も名誉も何も望まない、柴本幸さん演じる阿古姫と暮らせれば良いという一途な想いをもっていたのですが、波乱によって男として本当に >>続きを読む


女の子ものがたり

2009年08月28日 試写鑑賞

ともだちは選ばんといかんよ… なつみの母親のセリフが私の頭の中で繰り返され離れない、、、 その位、この映画「女の子ものがたり」において、このセリフはインパクトを感じます。ともだちって選んで付き合うものなのか?ともだち選びに果たして正解はあるのか?そして“幸せ”って、何なのか? >>続きを読む


ぼくとママの黄色い自転車

2009年08月17日 試写鑑賞

神奈川から小豆島。小豆島は岡山県と香川県の間あたりにある島。主人公は武井証くん演じる小学3年生の大志。すごいです。一人で自転車に乗って小豆島まで行ってしまうんですから。それも当初の予定では新幹線に乗って行く予定だったのが、大幅変更の無謀な旅になってしまったにも関わらず >>続きを読む


ノーボーイズ、ノークライ

2009年08月09日 試写鑑賞

この映画「ノーボーイズ、ノークライ」の最大の見所?は妻夫木聡さんとハ・ジョンウが「アジアの純真」をカラオケ大会で歌うシーン。しかも“フルコーラス”という両俳優ファンにとっては嬉しくもあり、私のように特にファンでない者にとっては、さすがに“フルコーラス”は長すぎた >>続きを読む


ぼくたちと駐在さんの700日戦争

2009年08月09日 試写鑑賞

「時効警察」「ココリコミラクル」のスタッフということもあり、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」は期待をしていたのですが残念ながら私は楽しむことができませんでした。これは私の笑いのツボが違うだけのことですので、映画自体は面白いと思いますし、試写会場はかなり笑っている >>続きを読む


河童のクゥと夏休み

2009年08月09日 試写鑑賞

「河童のクゥと夏休み」ですが、予想以上に良かったです。監督はクレヨンしんちゃんの原恵一監督です。とにかく色んなテーマが、クゥと康一そしてその家族たちを通して、しっかりと伝わってくる話です。それがバラバラにならず見事にまとまっていてスムーズに受け止められる展開に >>続きを読む


硫黄島からの手紙

2009年08月08日 試写鑑賞

ひさしぶりに武道館でのプレミア試写会鑑賞でした。武道館でやったわりには地味な試写会でした。舞台挨拶もさっぱりしたものでしたが、クリント・イーストウッド監督を見れただけでも価値は充分にあったと思います。さて映画「硫黄島からの手紙」ですが、「父親たちの星条旗」との >>続きを読む


さくらん

2009年08月07日 試写鑑賞

当時の時代背景、花魁のリアリティーを求めずに見てまいりました。女郎の生き方を鮮やかな色彩と独特の音楽で見事に作り上げられた映画だと思います。時代劇でありながら現代風のアレンジがされていて、異空間を味わえました。この独特の世界を実現させているのは、やはりフォトグラファーでもある >>続きを読む


南極料理人

2009年08月02日 試写鑑賞

舞台は平均気温マイナス54℃の南極ドームふじ基地での観測隊8名たちのお話。ちなみにドームふじ基地は昭和基地から約1000kmほど更に南極大陸の方にある観測基地のようです。ということでチラシにはペンギンが立っていますが、ペンギンやアザラシ等は生息していないようです。 >>続きを読む


蟹工船

2009年07月05日 試写鑑賞

物語前半、とても重厚感ある描かれ方がされていて一気に映画「蟹工船」の世界に引き込まれました。この重厚な雰囲気が続くかと思いきや、ファンタジー色も加えコミカルなシーンも交えた作りは予想外でした。舞台は蟹漁を行い船内で蟹缶を製造する、「蟹工船」の中のお話し。この船内で製造された蟹缶は >>続きを読む


ディア・ドクター

2009年06月23日 試写鑑賞

人は嘘を隠し通せなくなった時、どんな行動を取るのか?この物語は主人公・伊野の失踪から始まり、この失踪に至るまでの出来事を描きながら、人の愚かさや優しさについて丁寧に描かれていました。あらすじを見る限りミステリー作品かと思ってしまいそうですが、構成はとてもシンプルで物語の流れに対して >>続きを読む


おくりびと

2008年09月09日 試写鑑賞

今年、邦画を観ていてキャスティングの良さを感じる作品が多くなったなと感じます。この映画「おくりびと」も、その一本だと思いました。お話は本木雅弘さん演じる大悟はチェロ奏者として夢を実現させたのですが、オーケストラが解散。職を失った大悟は広末涼子さん演じる妻と母親が残した実家に戻り >>続きを読む