最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly
歩いても 歩いても

2008年06月06日 試写鑑賞

映画「歩いても 歩いても」ですが、前半の樹木希林さんとYOUさんの食事の支度の手際、音、二人の会話のリズミカルさに一気に引き込まれました。物語は長男の命日に家族が集まった一日が描かれているホームドラマ。登場人物が増えてくるにつれて、このリズミカルさに加速がついて行きます。 >>続きを読む


DIVE!! ダイブ

2008年06月04日 試写鑑賞

熊澤尚人監督の初夏の新作は、少年たちの海パンを幾度も脱がさせた、とてもオシリに拘った清々しい?作品でした(^^; 少年たちのオシリに興味がある方は必見?かも知れません。。。さて映画「DIVE!! ダイブ」ですが、もし少年の心の目で見ることができたら、もう少し楽しめたような気がします。 >>続きを読む


春よこい

2008年06月03日 試写鑑賞

映画「春よこい」の舞台は佐賀県唐津市呼子。呼子と言えば子供の頃、両親と一緒にいか料理を食べに行って、とても美味しかったことをいまでも覚えています。確か店の名前は河太郎だったような…。もう何十年も昔のことなので店の名は定かではありません。私は呼子には一度しか行ったことが >>続きを読む


山桜

2008年06月01日 劇場鑑賞

篠原哲雄監督は好きな監督の一人です。私の知っている限り篠原監督作で時代劇はこれまでなかったと思います。前作「クリアネス」では本当に篠原監督なのか?という疑い…。そして最新作の映画「山桜」。それも藤沢周平さん原作、、果たしてどのような作品に仕上がっているのか…。そんな疑問?を >>続きを読む


JOHNEN 定の愛

2008年06月01日 劇場鑑賞

映画「JOHNEN 定の愛」は、望月六郎監督によって美しく、そして不思議な世界に引き込んでくれる作品でした。そして主演の杉本彩さんの舞台挨拶でのシメの言葉は私のような映画の感想を書いている者にとって心救われる言葉でした。この映画「JOHNEN 定の愛」は前半で何か普通ではない >>続きを読む


築地魚河岸三代目

2008年06月01日 試写鑑賞

映画「築地魚河岸三代目」、まったく期待していなかったのですが、築地の義理、人情、ドタバタに笑いと涙。とても楽しめる映画でした。他には真似することができない、これぞ松竹映画!と言わんばかりの作品テイストは、古臭さが漂っていてちょっと・・・と思いながらの鑑賞だったのですが、 >>続きを読む


神様のパズル

2008年05月30日 試写鑑賞

映画「神様のパズル」は、様々な要素が詰った宇宙というスケールが大きくもあり、また人間というちっぽけなスケールが複雑に絡み合った、見方によって色んな考え方ができる、とても面白い要素を持った映画だと思いました。例えば宇宙という果てしなく答えのないジグソーパズルの中の1つのピースを >>続きを読む


山のあなた 徳市の恋

2008年05月24日 劇場鑑賞

石井克人監督が、清水宏監督の「按摩と女」を「山のあなた 徳市の恋」としてカバーしてくれなかったら、清水宏監督の「按摩と女」の面白さを知ることは、ずっと先になっていたのではないかと思いました。そういった意味で、私にとって「山のあなた 徳市の恋」を観た価値は充分にありました。 >>続きを読む


ぐるりのこと。

2008年05月14日 試写鑑賞

最近、エンターテインメント色の強い邦画ばかり観ていてちょっと奥深さに物足りなさを感じていたのですが、ひさしぶりに邦画の良さを感じる、とても素晴らしい作品に出会えました。物語は木村多江さん演じる翔子とリリー・フランキーさん演じるカナオの10年に渡る夫婦の物語。とにかく木村多江さんと >>続きを読む


僕の彼女はサイボーグ

2008年05月09日 試写鑑賞

「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」など、破天荒で力強く且つキュートな女性を描くクァク・ジェヨン監督が描く最強の女性像はサイボーグ。とうとう、ここまできたら次に描く強い女性はいなだろうというくらいのパワーのある女性が描かれた「僕の彼女はサイボーグ」は、ハチャメチャだけど、 >>続きを読む


隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

2008年05月07日 試写鑑賞

まず黒澤明監督「隠し砦の三悪人」のリメイクということを忘れてみた場合、気楽に楽しめる娯楽アクション・ラブストーリーとして、そこそこ楽しめる内容の映画だと感じました。さすが元の作品が面白いだけに飽きるような内容ではなかったと思います。特に良かったのは阿部寛さんの真壁六郎太役は >>続きを読む


アフタースクール

2008年05月06日 試写鑑賞

待望の内田けんじ監督の最新作「アフタースクール」は期待を裏切らない、とても楽しませてくれる素晴らしい作品でした。2005年に「運命じゃない人」を試写会で観た時の感動は今でも忘れていません。「運命じゃない人」を観た時は、内田けんじ監督がどのような作品を作る監督は知らずに試写したのですが、 >>続きを読む


少林少女

2008年04月25日 試写鑑賞

映画「少林少女」ですが、柴咲コウさんのアクション映画という感じでしょうか・・・。そういった角度でみると後半はそこそこ楽しめると思います。しかしストーリーの面白さ、演出の面白さ、キャスト陣の面白さ、そしてチャウ・シンチーがプロデュースに加わったことによる >>続きを読む


あの空をおぼえてる

2008年04月03日 試写鑑賞

冨樫森監督らしい、美しい空気感を感じる作品でした。この空気感を、外国を思わせるような緑溢れる美しい風景、そしてツリーハウスなどもある家、そしてインテリアからおもちゃに至るまで様々な素敵なアイテムたちが支えています。それに加え、回想シーンと >>続きを読む


受験のシンデレラ

2008年03月29日 劇場鑑賞

「受験のシンデレラ」は、ひそか?に公開楽しみにしていた1作で初日舞台挨拶の回を観てきました。舞台挨拶には和田秀樹監督、寺島咲さん、豊原功補さん、浅田美代子さん、そして主題歌を担当された星野みちるさんの挨拶がありました。物語は豊原功補さん演じる五十嵐の高慢で >>続きを読む