最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly
愛を乞うひと

2007年05月18日 DVD鑑賞

時代設定は昭和30年の頃。この町並みをCG等で見事に再現している作品で、見た目は素人の私なんかが見てもCGだと言われなければ気づかないほどの作りです。昭和30年台と言えば、「ALWAYS 三丁目の夕日」も同じ頃の町並みを再現していました。 >>続きを読む


あしたの私のつくり方

2007年04月30日 試写鑑賞

2007年「成海璃子 少女?大人への三部作」(私が勝手に言ってるだけです(^^;)神童に続く、第二段は「あしたの私のつくり方」です。「あおげば尊し」「トニー滝谷」の市川準監督に成海璃子さんとくれば、やっぱり邦画好き…としては見逃せない1本です。今回の作品で成海さんは >>続きを読む


ゲゲゲの鬼太郎

2007年04月29日 劇場鑑賞

CG・VFXに関しては他の映画をみても思うのですがエンジニアの方々ってすごいと思います。よく作れるなぁ?なんて。それに実写を組み合わせてひとつのシーンに出来上がっちゃんですね。俳優さんたちも出来上がるまでどうなるかわからないんですよね。しかし、すばらしい。セットなどもよくできていたと思います。 >>続きを読む


アカシアの道

2007年04月11日 VHS鑑賞

この「アカシアの道」は松岡監督の作品の中で、もっとも重いテーマの作品です。終始緊張感があり、内容的にも決して面白いとはいえない内容ですが、現実に近く考えさせられる映画です。今回は母と娘との話で、この二人の葛藤が実にうまく表現されていると思います。 >>続きを読む


アルゼンチンババア

2007年03月16日 試写鑑賞

監督は長尾直樹監督で、この監督の作品は唯野未歩子さん主演の「さゞなみ」しか観たことありませんでした。さゞなみの淡々としたイメージがあったのですが、アルゼンチンババアではかなりイメージが違いました。カメラワークも工夫されてちょっぴり異質も感じました。 >>続きを読む


ハチ公物語

2007年03月05日 DVD鑑賞

ハチ公のことは、ほとんどの方がご存知だと思います。 私は上京したころ、渋谷で待ち合わせする時、ハチ公の銅像、それもシッポを触ってまってろ、という待ち合わせをさせられておりました(^^; そんな誰もが知っているハチ公の話ですが、純粋に涙がこみ上げてくる映画です。 >>続きを読む


バッテリー

2007年02月23日 試写鑑賞

主演の林遣都さんは、さすが3000人のオーディションを勝ち抜いた球児だけあって、キレのあるピッチングフォームは素晴らしかったです。それに加えルックスもマンガから出てきたような顔立ちのよさです。映画「バッテリー」の良さの一つに役者が球児だということ。このキャスティングが成功していると >>続きを読む


雨鱒の川 ファースト・ラブ

2006年04月18日 DVD鑑賞

美しい映像で、優しさを感じる映画でした。子供同士の陰湿ないじめもなく、大人の嫌な所もなく、ハラハラするシーンも無く…。悪く言えば面白みが無い、良く言えば安心して観れる。これが韓国映画ならば、いじめや嫉妬等の香辛料で作品に強弱が付けられるところでしょうが、この雨鱒の川は >>続きを読む


愛してよ

2005年12月03日 試写鑑賞

色々なテーマが盛り沢山って感じで、各々の結論は出ていないと思いますが考えさせられた映画です。見終えた後、この映画がどうだということを語れるというより、この映画が投げかけたテーマを色々と語れると思えました。シングルマーザーの視点からみて子供と二人で生きていくためにバランスをどうやって保っているか? >>続きを読む


アカルイミライ

2005年12月03日 DVD鑑賞

この映画を観始めた時に「チョット失敗だったかな」と思いながら観ていたのですが、話が進むにつれて引き込まれてしまいました…。 赤クラゲを、この作品テーマの1つとして擬似的使い方をしているように思えます。毒を持ち、ゆらゆらと鮮やかに光る赤クラゲ…。このクラゲを何故か >>続きを読む


青の炎

2005年12月03日 DVD鑑賞

正直なところ、あまり期待をしていなかったのですが、イイ意味で見事に裏切られました…。主人公の少年は、優しすぎる心を持っているがゆえに、犯罪を犯してしまう虚しい気持ちが伝わってきました。この映画は、この主人公がとても浮き出るように描写されていると感じました。それは二宮和也さんが >>続きを読む